写真提供:マイナビニュース

写真拡大

佐藤健主演の映画『るろうに剣心 京都大火編』(8月1日公開)が、9月7日までに興行収入45億円を突破し、今年公開された日本の実写映画の中で1位になったことが8日、明らかになった。

同作は全国439スクリーンで公開をスタートし、9月7日までに観客動員数354万7,444人を記録。興行収入は公開から16日間で30億円、28日間で40億円を突破し、45億8,550万1,700円に達した。今月5日に44億円超えを達成し、今年の日本の実写映画で1位を記録していた『テルマエ・ロマエII』(興行収入44億円)を抜いた。

また、9月最初の週末だった6、7日も夏休みだった前週(8月30〜31日)対比で93%。後編の『伝説の最期編』の公開を13日に控えいるが、その勢いはいまだに衰えていない。『伝説の最期編』の前売り券の売れ行きが『京都大火編』の150%という数字から見ても、注目度の高さがうかがえる。

シリーズ第2弾となる本作は、漫画家・和月伸宏氏の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作に、「京都大火編」(8月1日公開)と「伝説の最期編」(9月13日公開)の2部作で描かれる物語。佐藤が主人公・緋村剣心を演じ、2012年夏に公開された実写映画第1弾の前作『るろうに剣心』は、興行収入30.1億円を超えるヒットを記録。世界64カ国で配給、国際映画祭31カ所出品と海外でも話題になった。