「アイランド」を見ると食欲アップ!?写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

アクション映画を鑑賞すると、より多く食物を消費することが明らかになったとロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。

コーネル大学のフード・アンド・ブランド・ラボは、テレビ視聴と食物摂取の関連についての実験を敢行。大学生94人を対象に、マイケル・ベイ監督の2005年作品「アイランド」を見せるグループ、「アイランド」をミュートで見せるグループ、有名トーク番組「チャーリー・ローズ」を見せるグループの3つに分割した。

チョコレートやクッキー、フルーツ、野菜などがすぐ手に届く位置に置いた部屋で、20分間映像を視聴させた。すると、「アイランド」を見たグループは、「チャーリー・ローズ」を見たグループよりも98%多く間食し、65%多くカロリーを摂取するという結果を招いた。また、「アイランド」をミュートで視聴したグループも、「チャーリー・ローズ」を見たグループよりも36%多く間食し、46%多くカロリーを摂取したという。

アクション映画のどこに要因があるのかは現時点では不明で、今後の研究テーマになるという。

■関連記事
M・ベイ版「タートルズ」の新場面写真&特報第2弾公開
「ミュータント・タートルズ」続編製作が早くも決定!
「バッドボーイズ3」製作へ マーティン・ローレンスが明かす
見るだけでやせる? ダイエットに効果的なホラー映画10本
米誌が選ぶ「マイケル・ベイ映画の爆破シーンBEST10」