写真提供:マイナビニュース

写真拡大

映画『イン・ザ・ヒーロー』の初日舞台あいさつが6日、都内で行われ、キャストの唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、日向丈、杉咲花、和久井映見と武正晴監督が出席した。

本作は、アクション映画や特撮ヒーローもので活躍するスーツアクターを描いたエンタテインメント作品。映画に出演することを夢見るスーツアクター歴25年の本城渉(唐沢)は、新人アイドルの一ノ瀬リョウ(福士)に役を取られるなど辛酸を舐める日々。そんな本城に、ハリウッドのアクション大作からオファーが舞い込むが、その内容は命を落としかねない危険なスタントだった――というストーリーで、映画は全国公開中。

主演の唐沢はスーツアクター出身ということもあり、「ストーリーがシンプルだからあまり気づかないけど、俳優たちのチームワーク部分がボディブローにように効いてきて、最後はホロッとする」と笑顔でアピール。唐沢と同じくスーツアクターの経験があり、劇中で特撮ヒーローの"ピンク"役を演じた寺島は、「ブラジャーが進化しててビックリ。パットに弾力があって柔らかくて……」と明かして笑いを誘い、本作で本格的なアクションに挑戦した福士は、「仲間は大事だと気付かされた。支えてくれる人たちがいるから、この舞台に立ってるんだと感じました」と感慨深げに語っていた。

一方、「そこにいられることが幸せでした」と撮影を振り返った本城の元妻・凛子役の和久井は、「最初から大笑いして大号泣しながら観てました。色んなことを考えさせられ、温かい気持ちになる良い作品」とにっこり。最後はヒーローについての話題になり、寺島が「唐沢くんも頑張ってたし、『50歳を過ぎてもまだまだ頑張れるぜ』という父親がヒーローかな」と語ると、唐沢は「こういう作品をやると燃えてくるね。顔も見えていないのに、全力で倒れていく姿が印象的でグッときました」とスーツアクター時代の仲間たちが駆け付けたというアクションシーンを述懐。続けて、「俺は、これからもブルース・リーを目指す」と意欲を燃やしていた。