上白石萌音の着物姿に長谷川博己はデレデレ

写真拡大

映画「舞妓はレディ」の公開直前記念イベントが9月6日、都内で行われ、主演の上白石萌音、共演の長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、周防正行監督が出席。それぞれのテーマソングを歌い上げながらステージに上がった一同に、観客は大きな拍手と歓声を送った。

京都の小さな花街を舞台に、舞妓を目指して奮闘する少女・春子(上白石)の成長をダンスやミュージカルシーンを織り交ぜて描いたコメディ。800人を超えるオーディションの中から周防監督に見出された上白石は、舞妓役を演じ「こんなに真っ白なんだというのが最初の感想だった。こうしてお着物を着付けて髪を結っていただくと、背筋が伸びてしっかりしなきゃって思う。今日はほんまにおおきに」とほほ笑んだ。

そんな上白石の姿を見て、言語学者“せんせ”役の長谷川は「言葉もないくらいかわいい」とデレデレ。春子を見守るお茶屋の女将役を演じた富司も、「実際の花街の方々に負けないかわいらしさ」と太鼓判を押していた。

企画・構想から約20年をかけて映画化を実現させた周防監督は、「お茶屋や舞妓の世界はそう簡単にわかるものじゃない。僕にとってはファンタジーみたいなものだったので、そのまま楽しく映画にすればいいんじゃないかと思った。お座敷遊びには歌と踊りがつきもの」とミュージカル仕立てにした理由を説明した。

日本を代表する元バレリーナの草刈は、劇中で日本舞踊やタンゴなどさまざまなダンスを披露。そんな草刈と踊った高嶋は、「草刈民代じゃないと思い込んでやった。草刈さんの隣で踊るなんてとんでもないこと!」と謙そんしたが、草刈は「ミュージカルに慣れていらっしゃるのでお上手だった」と称賛。「Shall We ダンス?」(96)以来のコンビ復活となった渡辺と竹中も、変わらぬテンポの掛け合いで会場の笑いを誘っていた。

「舞妓はレディ」は9月13日から全国で公開。

■関連記事
長谷川博己、大人びた浴衣姿の上白石萌音に「ドギマギしちゃう」
周防正行監督、最新作「舞妓はレディ」に満足! 一方、出演者は不安だらけ!?
上白石萌音、松井珠理奈&武藤十夢との方言ラップ「きついっしょ」がサントラに収録
上白石萌音、キティちゃんと一緒に「舞妓はレディ音頭」を生披露
上白石萌音とキティちゃんが盆踊り パパイヤ鈴木が振付の「舞妓はレディ音頭」