この肉体から繰り出される、ダイナミックなアクションに注目(C)2013 HERCULES PRODUCTIONS, INC.

写真拡大

ギリシャ神話の英雄ヘラクレスを、「クリフハンガー」「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリン監督が描いた3Dアクション「ザ・ヘラクレス」から、主人公ヘラクレスが強大な獅子を素手で締め殺すという、ダイナミックなアクションシーンの映像が公開された。

神と人間の間に生まれた半神ヘラクレスが、最愛の女性と仲間のため、暴君アンピトリュオン王に立ち向かう死闘を描いた「ザ・ヘラクレス」は、全米大ヒットシリーズ「トワイライト・サーガ」で注目され、シルベスター・スタローン主演のアクション大作「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」にも抜てきされたハリウッドの新星ケラン・ラッツが主演。ラッツは、鍛え上げられた肉体で生身のヒーローを体現しており、公開された映像もヘラクレスのダイナミックさが伝わる場面のひとつだ。

神話ではヘラクレスが乗り越えた12の難行が伝えられているが、なかでも最初の難行として登場するのが、今回の映像で描かれているネメアの獅子との対決だ。ネメアの獅子は、矢やこん棒、剣でも傷ひとつつかない毛皮を持ったライオンで、神話では、ヘラクレスが3日間かけて絞め上げて殺したとされている。しかし、本作のダイナミックなヘラクレスは、3日もかけず文字通りの瞬殺。まさに天下無双と呼ぶにふさわしい、力強く躍動するヘラクレスの戦いぶりに目を見張る映像になっている。

「ザ・ヘラクレス」は9月6日から全国公開。

■関連記事
【動画】「ザ・ヘラクレス」本編映像(バトルシーン)
おのののか“マッチョ軍団”に「筋肉、大好きー!」と大興奮
ドウェイン・ジョンソン主演「ヘラクレス」予告編公開 圧巻の肉体美を披露
超絶アクションてんこ盛りの「エクスペンダブルズ3」最新予告編が完成
レニー・ハーリンが描く3Dアクション「ザ・ヘラクレス」のポスター公開