『ジャージー・ボーイズ』

写真拡大

巨匠クリント・イーストウッドの最新作『ジャージー・ボーイズ』が9月27日(土)より日本公開となる。その公開に先駆けて、クリントの息子であり、本作の音楽を担当するカイル・イーストウッドの来日が決定した。

【関連コラム】30年ぶりの再結成! モンティ・パイソン・ライブに行って来た!

ザ・フォー・シーズンズの名曲と共に、4人の若者の友情と夢、栄光と挫折、そして再生の物語を、同じ時代を生きてきたクリントが丁寧に紡ぎ出す本作。本作で音楽を手掛けたカイルは、抜群の音楽センスと父親ゆずりの精悍なルックスを併せ持ち、傑出したベース・テクニックと曲作りの才能で活躍するジャズ・ベーシスト。その華やかなソロ活動の一方で、クリントの監督作に楽曲提供を続け、『ミスティック・リバー』(03年)、『ミリオンダラー・ベイビー』(04年)などの楽曲を父とともに担当。さらに『父親たちの星条旗』では作曲、演奏ともに全面的に関わり、2008年には『グラン・トリノ』の音楽がゴールデングローブ賞最優秀主題歌賞にノミネートされたほど。また、今回の来日では、9月17日(水)〜19日(金)の3日間、ブルーノート東京でライブを行う予定だ。

さらに、クリント本人からも特別メッセージが届いた。クリントは、「ザ・フォー・シーズンズのメンバーは、犯罪に手を染めるような貧しい地区の出身だったのだが、音楽に出会って努力するようになったんだ。彼らの歌は世界中で大ヒットし、彼らの名曲に秘められたストーリーを、日本のみんなにも映画を通じて楽しんでもらえると思う」と本作をPR。また、息子については「音楽はどの映画にとっても重要な要素で、カイルは長年にわたって私の映画音楽に何度となく関わってくれた。また彼は才能豊かな作曲家で素晴らしいパフォーマーでもあるんだよ」と賞賛した。

父も太鼓判を押す、カイルの貴重なライブパフォーマンスを生で堪能してみてはいかがだろうか。ライブの詳細はブルーノート東京公式サイトより確認できる。

映画『ジャージー・ボーイズ』は9月27日(土)より全国ロードショー(海外ドラマNAVI)

■関連記事・巨匠クリント・イーストウッド監督『ジャージー・ボーイズ』、日本オリジナル予告が完成アフリカ系アメリカ人のエンタメ祭典で発砲事件、一人が死亡『ゴシップガール』ペン・バッジリー、最近は音楽活動に専念中!