台湾の“オタク”3人組の声を演じるロバート(C)2013 1 PRODUCTION FILM COMPANY.ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

お笑いトリオの「ロバート」の山本博、秋山竜次、馬場裕之が、台湾の美食コメディ「祝宴!シェフ」で3人そろって初の実写吹き替え声優に挑戦する。

伝説の料理人を父に持つヒロイン・シャオワン。父の死をきっかけに、衰退の一途をたどる宴席料理の復活をかけ、初心者ながら全国宴席料理大会への出場を決意する。

ロバートの3人が演じるのは、ヒロインを熱烈に応援する”オタク”3人組。台湾全土に張りめぐらされたオタクネットワークで、問題を解決してしまうという最強の助っ人役だ。今回の声優挑戦について、料理本を出版するほどの腕前をもつ馬場は「仲良し3人組の役で参加できてとても嬉しく思っています。劇中の料理を今後の自分の参考にしたい」とコメントしている。

「祝宴!シェフ」は、11月1日から東京・シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

■関連記事
能年玲奈、白目を披露!「海月姫」特報でオタク姿を初公開
「深夜食堂」2015年1月に映画化 ドラマ第3弾も10月放送決定
長澤まさみ出演の台湾ドラマ「ショコラ」、8月28日から日本初放送
梅宮辰夫、ロバート・秋山の“体モノマネ”を渋々公認
【作品情報】「祝宴!シェフ」