今年の夏休み映画No.1を目指して公開中の「STAND BY ME ドラえもん」(C)2014「STAND BY MEドラえもん」製作委員会

写真拡大

公開中の3DCGアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」の興行収入が、60億円を突破したことがわかった。9月5日、配給の東宝が発表した。

「フレンズ もののけ島のナキ」の八木竜一と「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの山崎貴が共同監督を務めた同作は、「ドラえもん」原作者の故藤子・F・不二雄さん生誕80周年記念作品として、シリーズ初の全編3DCGアニメとして製作。原作のエピソードを厳選して再構築し、ドラえもんとのび太の出会いから別れまでを描いた。

8月8日に公開され、興行収入ランキングで初登場1位を記録して以降、4週連続で首位の座を譲っておらず、夏休み最後の週末となった8月30〜31日の動員は前週比106.7%を記録。公開から28日間の5日時点で、観客動員454万5647人、興収60億1709万6900円となった。

大人層の支持率が高く、今後も動員の伸びが期待できることから、配給の東宝は夏休み終了後も、9月後半のシルバーウィークを視野に入れ、引き続き上映していくとしている。

■関連記事
「STAND BY ME ドラえもん」興行収入50億突破!公開から20日目の快挙
大ヒット中3DCG版「STAND BY ME ドラえもん」世界21の国と地域で配給決定!
3D版「ドラえもん」圧巻のVスタート、「トランスフォーマー」は3位
山崎貴&八木竜一、妥協なき共闘作業を経て“盟友”に対して思うこと
秦基博&ファン1000人、のび太の誕生日にバースデーソング熱唱!