ヒルデ・ファン・マルデレンさんはまずショックを受け、次に侮辱されたと感じ、そして最後に反撃に出た。彼女自身が最もよく知る方法で、「高身長の金髪女性」を「おもちゃ」のように考えている悪しき習慣を告発したのだ。

ヒルデさんはベルギーの美しい女性スポーツジャーナリストだ。そのヒルデさんが「おもちゃ」というタイトルの本を執筆した。ベルギーサッカー界は揺れている。

彼女はそのキャリアにおいて、監督たちや選手たち、はては審判たちからも、あまりに露骨なメールを送られてきたという。そしてもちろん、その大半は結婚しているか、パートナーがいる者たちだ。

ヒルデさんによると、多くのサッカー関係者から携帯電話を通じて誘いを受けてきたそうだ。そのすべてのメールを彼女は載せた。名前は出していないが、中には「クラブ・ブルージュの元選手」や「現在のアンデルレヒトのMF」などとヒントもつけ加えている。本はベルギーでバカ売れだ。

ヒルデさんが受け取ったメールには、以下のようなものがある。

「オレがシャンパン好きなのは知っているだろう。それをあんたにぶっかけて、なめまわしたい」
「火曜にブルージュの空港で。オレとあんたとトイレで。いいだろう?」
「あんたがすごくヤリたがってるって聞いたんだけど」

ヒルデさんは「サッカー選手の性的衝動は非常に強い」と話している。中には、「君の夢ばかり見続けている」という審判もいたそうだが…。