1日放送の「FNNスーパーニュース」(フジテレビ系)で、内田嶺衣奈アナウンサーが「訃報(ふほう)」を「けいほう」と読み間違える一幕があった。

この日の番組では、大相撲元小結でタレントの龍虎さんが29日に亡くなったニュースを伝えたが、そのニュースの冒頭、内田アナが「続いては、『けいほう』です」と述べた。

そのまま読み進めようとする内田アナだったが、スタジオでは「ふほう」と内田アナの読み間違いを指摘する声が上がった。

内田アナは驚いた様子で指摘があった後方を振り返った後、笑顔で「失礼いたしました」と述べた。そのうえで、「『ふほう』です」と言い直して、龍虎さんの訃報を伝えている。

ちなみに、フジテレビ公式サイト内の内田アナ紹介ページでは、特技・資格の欄に「漢字検定2級、日本語検定3級」と書かれている。

【関連記事】
香川のマンU移籍報道で放送事故もお咎めなし!?
加藤浩次が「スッキリ!!」中継で2度に渡り「山本さん」と呼ばれる珍事
竜巻被害を報じるフジ報道番組で、安藤アナの笑顔が映る放送事故