先日、レディー・ガガ(28)が来日し、千葉・QVCマリンフィールドで2日間で2回の公演を行った。
 成田空港到着時には全身シースルーの衣装で登場。バストトップは貝殻装飾で隠したのみで、下半身はTバックよりもギリギリのIバック。約400人の出迎えたファンを驚かせた。
 「ステージ上では全裸生着替えを披露したり、2日目の公演では前座に『ももいろクローバーZ』を起用するなど、相変わらずの注目度の高さ。2日間で6万8000人を動員しました」(芸能ライター)

 日本好きを公言しているガガは今回のももクロ以外にも、北米公演では初音ミク、BABYMETALを前座に抜擢。来日回数も多く、今回の来日は8回目9カ月ぶりだが、07年の初来日以降、7カ月に1回というかなりのハイペースだ。

 それにしても、いくら日本好きとは言え、来日が多過ぎないか。
 「第一の理由は儲かること」と言うのはスポーツ紙記者。
 「今回の公演のギャラは推定1公演1億円で計2億円。チケットの売上は10億円を超えています」

 女性誌記者は別の理由を明かす。
 「海外では24時間パパラッチに追いかけられるが、日本ではそれがなくリラックスできる。少し休暇的なな意味があるんです。加えて日本のCM出演を狙っている。短時間の撮影で高額ギャラのCMは外タレにとってもおいしい仕事。そのためには知名度キープと親日アピールは重要です」

 ジャパンマネー健在!?