写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メットライフ生命保険はこのほど、20代から40代の働く未婚女性600人を対象に、「仕事観・人生観・ライフプラン」に関する調査結果を公表した。

同調査は6月6日〜9日、ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」登録モニターのうち、20歳〜49歳の有職者(年収300万円以上)かつ、医療保険に加入している未婚女性を対象に、WEB アンケート方式で実施。有効回答数は600人だった。

○働く未婚女性の約4割が、現状を幸せだと感じている

「現在、どのくらい幸せだと感じますか」という質問をしたところ、「とても幸せ」と回答した人は6.3%、「幸せ」と回答した人は33.5%という結果だった。したがって、「とても幸せ」「幸せ」と回答した人を合わせた約39.8%が、今の人生に満足しているという結果になったという。

○もっとも幸せを感じるときは「好きな人と過ごすとき」

「あなたがもっとも幸せだと思うときはどんなときですか」という質問をしたところ、1位「好きな人と過ごすとき」(31.2%)、2位「おいしいものを食べるとき」(18.7%)、3位「好きなだけ眠れるとき」(14.7%)という結果だった。

○働く未婚女性が抱える将来の不安は「老後の生活」

「将来不安に思っていることは何ですか」という質問の回答は、1位「老後の生活」(27.7%)、2位「結婚できるかどうか」(18.2%)、3位「失業・収入減」(16.3%)だった。

○「一生独身かも」と考えたことがある人は8割超

「一生独身かもと考えたことはありますか。もし考えたことがあれば、考えはじめたのはいつですか」という質問をしたところ、「考えたことがある」と回答した人は82.5%で、「考えたことはない」と回答した人は17.5%。特に30〜34歳の時期に考えはじめた人が20.2%と、もっとも多い結果になった。

○将来に不安を感じはじめたきっかけは、「親の老いを感じたとき」

「将来に不安を感じはじめたきっかけを教えてください」という問いには、1位「親の老いを感じたとき」(32.7%)、2位「健康上の変化・衰え」(21.0%)、3位「仕事がうまくいかないとき」(12.8%)という回答が寄せられた。

○将来の不安への備え、もっとも有効だと思うものは「貯蓄」

「将来の不安に備えて、実施している対策の中で、もっとも有効だと思うもの」は、1位「貯蓄をする」(44.5%)、2位「健康的な生活を心がける」(30.8%)、3位「対策はしていない」(8.3%)。

○現在の貯蓄額は「100万円未満」が最多に

「現在の貯蓄額」は、1位「100万円未満」(22.8%)、2位「100万円以上〜300万円未満」(20.2%)、3位「900万円以上(20.0%)」という結果。

○医療保険に加入した時期でもっとも多いのは、「20歳〜24歳」

「最初に(あなた自身で)医療保険に加入したのはいつですか」という質問をしたところ、「20〜24歳」と回答した人が50.7%と、もっとも多かった。

○医療保険に加入した一番の理由は、「経済的な備え」

「医療保険に加入した一番の理由はなぜですか。」という質問をしたところ、1位「経済的な備えとして」(25.5%)、2位「周囲に薦められたため」(22.0%)という結果に。また「医療保険はどのようなポイントで選びましたか」という質問では、1位「保障内容と保険料のバランスがよい」(30.7%)、「保障内容がしっかりしている」(25.0%)という回答だった。

(エボル)