日本競馬悲願の凱旋門賞(10月5日、フランス・ロンシャン競馬場・芝2400メートル)制覇へ、もやのように目の前を覆っていた不安要素が誰もが予想をしなかった形で取り除かれ、一気に視界が開けた。

 宝塚記念の圧勝によって挑戦を具体化させた"クセ者"ゴールドシップ(牡5、須貝尚介厩舎)と、早くから凱旋門賞挑戦を明言していた"キレ者" ハープスター(牝3、松田博資厩舎)が、遠征前の国内での前哨戦としてGII札幌記念(8月24日、札幌競馬場)に出走。今夏、新装オープンを迎えた札幌 競馬場には、全国から46000人を超えるファンが詰め掛けた。スタンドはまるでGIのように立錐(りっすい)の余地がない。ただでさえ早くも実現した夢 のマッチアップであることに加え、それが世界最高峰に向けてのステップなのだから、この盛り上がりは必然と言えるだろう。

 2頭のうちのど ちらが勝つのか。前哨戦なのだから、必ずしも負けられないレースではない。しかし、2頭がお互い以外の後塵を拝するようでは、凱旋門賞を勝つなどもっての ほかだ。ゴールドシップは「気分が乗らないと走らない」という気性面、ハープスターは強烈な末脚と表裏一体である直線大外一気のワンパターンという展開面 の課題があった。前走の宝塚記念で、新たにコンビを組んだ横山典弘騎手に導かれて、気性面の克服を見せたかに見えたゴールドシップが、実績のあるコース適 性もプラスに働くと見られ、戦前の下馬評では上位。一方のハープスターは小回りコースが、この馬の持ち味を殺すと見られ、加えて調整過程でも落鉄があるな どして不安要素も見られたことから、自身初めての2番人気でスタートを迎えた。
 レースはどよめきで始まり、大きな驚きと喝采で幕を閉じた。

 ゲートが開いて隊列が作られていく中で、最後方に陣取ったのはそこが定位置のハープスターではなく、ゴールドシップのほうだった。スタート直後は 後方だったものの、最初のコーナーを迎える頃には好位までポジションを押し上げていた宝塚記念と異なり、今回はむしろ置かれ気味に追走する形となった。 レースを見守る誰しもの脳裏をよぎったのは昨秋のジャパンカップで、馬群の後方を追走し、勝負どころで鞍上の内田博幸騎手がどれだけ叱咤しても最後まで闘 志のスイッチが入らず15着に敗れた光景だ。前半1000メートルが58秒4というハイペースの影響もあったのだろうが、向こう正面では馬群の最後尾を追 走するハープスターから5馬身ほど離され、鞍上の横山騎手が大きく1発ステッキを入れる姿がビジョンに映し出されると、場内はさらに騒然となった。

  しかし、そのステッキが2強「だけ」のレースの始まりの合図でもあった。3コーナー手前でゴールドシップがハープスターににじり寄る。鼻面がハープスター の後ろ脚に並ぶと、何かのスイッチが入ったかのようにハープスターも馬群の外から進出を開始する。まるで2頭は他の12頭とは別のレースを走っているかの ように駆け上がっていく。ロングスパートはゴールドシップの持ち味のひとつでもあるが、これまで末脚一手のハープスターが、相手のお株を奪うようなスパー トで直線入り口でゴールドシップを従えて先頭に並ぶなど、誰が想像したであろうか。

 先に抜け出したハープスター、追うゴールドシップ。じわじわとゴールドシップも差を詰めるが、ハープスターも最後まで脚勢が衰えることなく、3/4馬身差振り切ってゴールへと飛び込んだ。

  試走としてはこれ以上ない内容といえるだろう。2頭ともに本番を先に見据え、決して目いっぱいに仕上げているわけでもないのにも関わらず、3着以下の12 頭と完全に次元の異なる競馬をやってのけた。勝った川田将雅騎手も「得意とは思えない(小回りの)札幌で、目いっぱいの仕上げでもない中で、この結果を出 せたのは嬉しい」と、そのパフォーマンスに満足気な表情を見せた。

 何より驚かされたのがハープスターの新境地だ。これまでは頑なにコーナーで仕掛けることを避けてきたが、今回は「動いて」、さらに「結果を出せる」ことを示した。
「今 回は『3コーナーから少しずつ動かしていい』という指示を(松田調教師から)いただいていたので、その通りに乗りました。向こう正面で、ゴールドシップの 位置を確認しましたが、上がっていくときは(ゴールドシップに合わせたのではなく)ハープスターのリズムでいきました」

 相手に合わせるのではなく、あくまで自身のリズムに忠実に動いてのレースぶりだっただけに収穫は大きい。

 ふと思い出したのが、昨年の凱旋門賞でトレヴが見せたレースぶりだ。後方に位置どった3歳牝馬は、凱旋門賞ではタブーとされる最終コーナー手前の 「フォルスストレート」で仕掛け、キズナを引き連れて直線入り口で堂々と抜け出して、1番人気に支持されたオルフェーヴル以下を完封した。もちろん、国も 違えば、競馬場も違うし、距離も異なるので一概に同質だとは言えないが、しかし、それまではどちらかといえば、鋭い末脚を武器にしてきた3歳牝馬という共 通項もある故に、昨年のトレヴの再現を期待してしまうのは大げさではないはずだ。

 一方のゴールドシップも、条件的には有利と見られなが ら、2着に敗れたものの、横山騎手、須貝調教師ともに「最後は斤量(5kg)差だね」とサバサバした表情で語り、悲観の色を見せていなかった。前半こそ見 ている側としては気が気でない内容だったが、終わってみれば3着のホエールキャプチャには5馬身差をつけてのフィニッシュだった。本番もゴールドシップ 59.5kgに対しハープスターは54.5kgと斤量差は同じ。このディスアドバンテージがレースでどのように出るかが今回の一戦で計れたことで、むしろ 課題がより明確となったといえるだろう。

 もちろん本番はこの2頭だけでやるものではない。ヨーロッパでは3歳世代が牡牝ともにいつになく活(い)きがいい。加えて前述のトレヴも連覇に向けて意欲を見せている。

 だが、「世界ランク1位」ジャスタウェイも加えた日本の三本の矢は、これまでのどの年よりも強力な布陣。気がつけば本番まで6週間を切った。ジャパントリオの悲願のシナリオはもう始まっている。

土屋真光●取材・文 text by Tsuchiya Masamitsu