Googleは、見ています。

アメリカで、児童ポルノ画像をメールで送った男が、児童ポルノ画像所持の容疑で逮捕されました。逮捕されたきっかけは「Gmail」。

Gmailが、添付された児童ポルノ画像を自動的に検出して、通報につながったそうなんです。

事件が起きたのはテキサス州ヒューストン。John Henry Skillern容疑者(41)が、Gmailで友人宛に児童ポルノ画像を送信したところで、Gmailシステムが画像を検知しました。

Googleは検知した情報をNational Center for Missing and Exploited Children(NCMEC)という児童保護機関に提供し、その後NCMECが警察に通報。容疑者のスマホやタブレットの中から児童ポルノ画像が発見され、逮捕となりました。

近隣住民からは「普通のいい人」に見られていたSkillern容疑者ですが、性犯罪の前科があり、勤務先のレストランでも家族客の幼児の姿をビデオに撮っていたといいます。

警察や近隣住民はGoogleに感謝の言葉を述べていますが、引っかかるのが「Gmailが自動的に検出」の部分です。


GoogleはすべてのGmailを見ているのか?

GmailにはGoogleAdsenseが表示されていて、メールの内容に応じた広告が出るようになっています。言ってみれば、Googleに一度メールを読まれているわけです。となれば、添付された画像も全部見られている...?


140808gmail_002.jpg

しかし、そうではないようです。今回の事件について発表されたGoogleの声明では、「流出している児童の性的虐待画像には、システムで検出するためのデジタル指紋が付与されている」ことを説明しています。

つまり、チェックしているのは違法な画像のみであり、全ての画像をチェックしているわけではない、ということらしいです。

ただ、ちょっとモヤモヤしたものは残ります。やろうと思えば、監視もできてしまうわけですから。

人気作家・伊坂幸太郎の著書『モダンタイムス』には、特定の言葉を検索した者を処罰する組織が描かれていました。今回は犯罪者の逮捕にいたりましたが、くれぐれも「力」のコントロールには気をつけてもらいたいものです。


Houston man charged with child porn possession after Google cyber-tip[KHOU via アプリオ]
Gmail spots child porn, resulting in arrest [Updated] [ Ars Technica]
photo credit: FixtheFocus via photopin cc


(井上マサキ)