『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第39回

 2012年の日本ダービーを制し、同世代のサラブレッドの頂点に立ったディープブリランテ。同馬を生産したパカパカファームのスタッフたちも、その現場で歓喜の瞬間に酔いしれた。しかし、ダービーを勝った喜びを本当の意味で実感することになったのは、北海道の牧場に戻ってからだった――。

 ディープブリランテが激戦を制した2012年の日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)。同馬を生産したパカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏は、勝利の余韻にどっぷり浸ることなく、レース当日の夜、北海道に戻った。

「ダービーの夜は、そんなにお酒を飲んでいませんよ(笑)。ほとんどのスタッフは牧場で留守番をしていましたから。応援に来たスタッフたちだけで勝手に東京で飲んで、のんびりしているわけにはいきません。その日のうちに北海道に戻って、私も翌朝はいつもどおり牧場に行きましたよ。そこで、スタッフたちとダービーの話をして盛り上がりました」

 ダービーの翌日、改めてスタッフとともに喜びを分かち合ったとはいえ、一日の始まりは極めていつもどおりだった。しかし、スタッフらと笑顔で挨拶をかわしたあと、スウィーニィ氏は自分なりの、ダービー勝利の小さな祝福を思いついたという。

「いつもは朝食にオートミールを食べるのですが、ダービーを勝った翌日にオートミールを食べるのは少し寂しい気がしました。それで、近くのショッピングセンターに行って、クロワッサンを買うことにしたんです。ちょっとしたお祝いです(笑)」

 ささやかな気持ちから、8時に開店するショッピングセンターにクロワッサンを買いに出掛けたスウィーニィ氏。そこで彼は、ダービーの勝利をもう一度、それも最大限に味わうこととなる。

「実はそのショッピングセンターには、馴染みの床屋さんがあるんです。店主はとても競馬好きで、パカパカファームの馬についても、いつも応援してくれていました。それで、クロワッサンを買うついでに、その床屋さんにも顔を出しておこうと思ったんです。すると、すでにお店の外にある掲示板に、ディープブリランテが一面を飾っている新聞がドーンと飾ってあったんですよ。それも、『パカパカファームの生産馬です!』と大きな見出しまで書いて、新聞に添えてくれていました。まだ、朝の8時をちょっと過ぎたばかりですよ。それを見たときに、本当にうれしくて、感動しました。同時に、ダービーを勝ったことを、すごく誇りに思いましたね」

 牧場スタッフや関係者だけでなく、地元の人も朝早くからその勝利を祝福してくれていた。スウィーニィ氏はこの朝の出来事こそ、もっとも印象深く「忘れられない瞬間」と振り返った。

 ディープブリランテの勝利が与えた喜びはこれだけではない。あるスタッフは、「ダービー以来、自分の子どもがすっかり牧場の馬のファンになってしまった」と笑う。

「それまでは、土日に仕事で家を留守にすると、子どもが『なんで休みなのに仕事なの?』と言ってすねていたんですよ。でも、ブリランテがダービーを勝ってからは、むしろ子どもが私の仕事を理解するようになって(笑)。ブリランテはまさに子どものヒーローになっていましたね。以来、牧場の馬がレースに出ると、真剣に応援してくれています」

 さらに、ダービーを勝ったことで、パカパカファームには国内外のメディアから取材が殺到した。スウィーニィ氏が、当時の喧騒を笑顔で振り返る。

「いろいろな人から、『ダービーを勝ったときはどんな気持ちだった?』と聞かれました。そして、その度に『もちろんうれしかった』と答えましたよ。うれしくないわけないですから(笑)」

 また、歓喜のときから約1カ月半後、2012年の7月9日、10日には、競走馬のセリ市「セレクトセール」が開催され、パカパカファームの馬にも注目が集まるようになった。とりわけ、ディープブリランテの全妹となる当歳(0歳)馬は、目玉とも言える存在として脚光を浴びた。そして、のちにパピーラヴと名付けられ、今年デビューを控えるこの馬には、その年の当歳牝馬で最高額となる、1億4500万円の高値がつけられたのだ(ちなみに、ディープブリランテの落札額は3100万円だった)。

 牧場のスタッフによれば、「このときのセリ市における(パカパカファームへの)注目度は、これまでとは別物だった」という。そして、同スタッフはこう続けた。

「ウチに生産馬を見に来る人が、かなり増えました。加えて、デビュー前の仔馬を預けたいという声も格段に多くなりましたね」

 それは、パカパカファームの環境のよさ、競走馬の管理が認められた証でもあった。

 ディープブリランテのダービー制覇。それによって、スウィーニィ氏の求め続けてきた「ブランド作り」が、急速に進んだことは間違いない。

 さて、ダービーを勝ったディープブリランテはその後、イギリスのGIキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(8着。アスコット・芝2400m)に挑戦。そしてそのレースを最後に、惜しくも引退することとなる。次回は、ディープブリランテの引退と、当時のスウィーニィ氏の思いに迫る。

(つづく)


ハリー・スウィーニィ

1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara