2日、中国遼寧省大連市で行われている「成人向け」グッズ展示会「大連国際成人展」で、ゲスト出演した成人向け作品で人気の日本人女優が、数十人の市民から卵やペットボトルを投げつけられる騒ぎがあった。

写真拡大

2014年8月2日、鳳凰網によると、中国遼寧省大連市で行われている「成人向け」グッズ展示会「大連国際成人展」で、ゲスト出演した成人向け作品で人気の日本人女優、北川杏樹と丘咲エミリが、数十人の市民から卵やペットボトルを投げつけられる騒ぎがあった。

【その他の写真】

中華網は現場で騒動を目撃した人の話として「旧日本軍による占領で屈辱を受けた大連市民の深い心の傷は今も癒えていない。加えて今回の性による侵略が市民の怒りを招いた」と伝えた。

中華網によると、展示会をめぐっては、公式サイトに主催者として大連市人民政府の名前が記載されていたため市民が抗議。これを受け、主催企業はサイトで「当方の不注意で市政府を協賛者に加えてしまった」と謝罪していた。だが、展示会当日、会場では司会者が政府の協賛を繰り返し強調していたという。(翻訳・編集/NY)