競馬界の「主役」となる馬を、毎年のように輩出しているノーザンファーム(北海道安平町)。その大牧場の中でも、ひと際高い期待を背負った若駒がデビューのときを迎えようとしている。8月3日の2歳新馬(札幌・芝1800m)を予定しているトーセンビクトリー(牝2歳/父キングカメハメハ)だ。

 母は、2001年のエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を制したトゥザヴィクトリー。GIタイトルはそのひとつだが、同年春のドバイワールドカップ(UAE・ダート2000m)では、低評価ながらも逃げの手を打って2着と大健闘。その他、2着に惜敗した1999年オークス(東京・芝2400m)や、逃げて3着に粘った2001年有馬記念(中山・芝2500m)など、大舞台でファンの印象に残るレースを見せてきた実力馬だ。

 そのトゥザヴィクトリーは、母となってからも大きな注目を集めた。2006年に産んだ3番仔のディナシー(牝馬/父キングカメハメハ)が、同年のセリ市「セレクトセール」にて6億円の高額落札に至ったのである。これは当歳(0歳)のセリ市における世界最高額だった。

 ディナシーはアクシデントによりデビューできなかったが、トゥザヴィクトリーの母としての才能は、その後の産駒たちが証明している。4番目の子トゥザグローリー(牡7歳/父キングカメハメハ)が重賞5勝を飾って、8番目の子となるトゥザワールド(牡3歳/父キングカメハメハ)は、今年の弥生賞(中山・芝2000)を制し、皐月賞(中山・芝2000m)でも2着と好走した。

 活躍した兄2頭と同じ血統を持つトーセンビクトリー。期待が膨らむのも無理はなく、同馬は昨年のセレクトセールで1億500万円の高値を付けた。さらに見逃せないは、トーセンビクトリーに携わったスタッフの高い評価だ

 育成を手掛けたノーザンファーム早来(はやきた)の日下和博氏は、「その動きは血統や価格に見合ったもの。あるいは、それ以上の大物感を感じました」と素質を称える。

「まだ1歳だった昨秋の時点で、すごくいい馬でした。ストライドなども申し分なく、素晴らしい乗り味でしたね。同じ年に生まれた馬の中でも、ひと際目立つ存在でしたよ。この夏には随分とたくましくなって、こちらを出るときには471kgほどの馬体重になりました」

 同馬がノーザンファーム早来を離れたのは、7月11日のこと。ここからは栗東・角居勝彦調教師にバトンタッチし、函館競馬場で調整を積んだ。7月20日には、同じく角居調教師の管理する重賞勝ち馬ディアデラマドレ(牝4歳)と追い切りを実施。実力馬の胸を借りた調教こそ、陣営の期待の表れだろう。

 気がかりがあるとすれば、トーセンビクトリーが牝馬だということ。同じ父を持つ兄は活躍したが、先述のディナシーやトゥザレジェンド(牝4歳/キングカメハメハ)など、"姉"になると実績を築けていない。

 だが日下氏は、「この血統の牝馬はまだ活躍できていませんが、トーセンビクトリーはとにかくいい馬ですから。姉は手掛けていないものの、姿は見ています。それに比べるとかなり順調な印象です」と、不安は感じていない。そして力強く、将来の展望を口にする。

「大きいレースを狙える逸材だと思っているので、相手もありますが、デビュー戦はすんなり突破してほしいところ。父も母も東京の芝2400mで力を見せましたし、この馬もベストは東京の芝2400mだと感じています。何とか無事に、オークスの舞台へ行ってもらいたいですね」

 父キングカメハメハは、2004年の日本ダービー(東京・芝2400m)を制した。兄2頭も2000m以上の距離で力を見せていることから、目指すはやはりオークス。そして、同舞台でハナ差2着と涙をのんだ母の雪辱である。そんな大目標を見据えて、トーセンビクトリーが競走馬としての第一歩をいよいよ踏み出す。

河合力●文 text by Kawai Chikara