『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第38回

フェノーメノとの叩き合いを制して、見事ダービー馬に輝いたディープブリランテ。競馬場に訪れていた生産者であるパカパカファームのスタッフたちも、その姿を目の当たりにして大いに沸いた。しかしその輪の中にあって、喜びを爆発させることなく、激しい後悔で胸を痛めていた人物がひとりだけいた――。

 2012年の日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)。直線で先に抜け出したディープブリランテに、ゴール前で外から強襲したフェノーメノ。内外離れてゴールした2頭の戦いは、写真判定に持ち込まれた。そして、ゴールを駆け抜けたディープブリランテが鞍上の岩田康誠騎手に導かれてスタンド前に戻ってきたとき、電光掲示板の1着欄にディープブリランテのゼッケン「10」の文字が灯った。第79代日本ダービー馬の誕生である。

 ディープブリランテの生産者であるパカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏は、「とにかく興奮していました」と、歓喜の瞬間を思い出す。

「ブリランテが勝ったとわかって、すぐにアイルランドにいる妻に電話しましたよ。1回目はつながらず、もう一度かけ直しても、なかなか出ませんでした。そのとき、周りの人たちが次々に『おめでとう』と祝福してくれたので、私はコールしている電話をほったらかしたまま、皆さんと握手をかわしていました。途中でハッと思い出して、電話の受話器を耳に当てると、どうやら2回目の電話でつながっていたようで、延々待たされていた妻が電話口で『もしもし? どうしたの?』と不安そうな声を出していました(笑)。それですぐにダービーの勝利を報告したら、受話器の向こう側で飛び上がるようにして喜んでくれましたよ」

 夫人は、来日から20年以上にわたって、スウィーニィ氏の異国での挑戦をずっとサポートしてきた。「本来なら、ダービーを勝つチャンスだから、妻も東京競馬場に呼びたかった」とスウィーニィ氏。しかし同じ時期に、アイルランドに住む息子(当時17歳)の重要な進学試験があった。「妻が家を空けると、子どもが大変になる」という理由から、東京競馬場に招くのは諦めたという。

 夫人と喜びを分かち合うことはできなかったものの、スウィーニィ氏はレース後の表彰式で、ディープブリランテを管理する矢作芳人調教師や岩田康誠ジョッキーとともに歓喜に酔いしれた。日本に来てからの日々を思い返しながら、幸せに満たされていたに違いない。

 一方その傍らで、なぜか浮かない表情でたたずんでいた人物がいた。パカパカファームのフォーリングマネージャー(生産担当)である伊藤貴弘氏だ。

 自分が手がけた生産馬が、競馬界最高峰のタイトルを取った瞬間である。誰もが笑顔で勝利を噛みしめているにもかかわらず、彼だけは「喜びの実感はなく、ずっと自分自身を責めていました」という。その後悔の理由は、実は彼が買った馬券にあった。

 伊藤氏は、これまでディープブリランテが参戦したレースにおいて、常に応援の意味で単勝の馬券を買っていた。だが、このダービーだけは複勝を購入。そして、ディープブリランテの勝利が確定したとき、彼は真っ先に「どうして単勝を買えなかったのだろう」と嘆いたという。

「もちろん、お金の問題ではないんですよ(笑)。『どうして、ブリランテの勝利を最後まで信じてやれなかったんだろう』と、悔しさで一杯になってしまって......。それも、日本ダービーという一番大事な舞台で......。とにかく馬への申し訳なさで、とても喜ぶ気になれず、ただただ自分を責めていました」

 スタート前からレース中、そして直線の攻防に至るまで、一貫して「ダービーを勝つイメージがわかなかった」と語っていた伊藤氏。かたや全力を振り絞って、見事勝利をつかんだディープブリランテ。自らが出産に立ち会った愛馬は、伊藤氏の気持ちとは裏腹に、懸命に走って栄冠をモノにした。その姿が脳裏に焼きついて、「北海道に帰る飛行機の中でも、ずっと落ち込んでいた」という。

 パカパカファームが開場するまでは、名門のサンシャイン牧場(北海道日高町)で働いていた伊藤氏。2001年、スウィーニィ氏がパカパカファーム開場に向けてサンシャイン牧場の土地を買い取った際、同時にこの異色の牧場に"移籍"することになった。当時、まだ23歳だった彼は、不安しかなかった。

「(牧場を)開場したとき、スタッフは社長(スウィーニィ氏)と僕ともうひとりだけでした。社長に対しての信頼は......、最初はなかった、というのが本音ですね(笑)。僕はまだ大学を出て1年ほどでしたし、牧場で何をすればいいかわからないことのほうが多かった。先行きが不安になって、当初は辞めることばかり考えていました。でも、スタッフの人数が人数でしたから、僕が辞めてしまったら、社長が困るだろうな、という思いもあって。なんだかんだ働き続けてきてしまいました(笑)。もちろん、今は辞めたいとは思っていませんよ」

 たった3人でスタートした牧場から、わずか11年で日本ダービー馬が誕生した。伊藤氏も、「11年前は、まさかダービー馬を出すような牧場になるなんて思ってもいなかった」という。

 今では、スウィーニィ氏が事あるごとに「グッドホースマン」と評するほど、厚い信頼を置く伊藤氏。ダービー後はしばらく悔恨の情にかられていたが、牧場の仕事を黙々とこなしながら、やがて新しい目標が生まれたという。

「今の夢は、うちの生産馬でもう一度ダービーを勝つこと。そして、そのときこそ、その馬の単勝を買うこと。ブリランテの単勝を買えなかったことはずっと心残りなので、次こそは生産馬を信じたい。あくまで夢ですが、次に生産馬がダービーに出るときは、最後まで勝利を信じて応援したいと思っています」

 ダービー勝利という瞬間にわき上がった悔しさと、その思いを胸に秘めて新たに打ち立てた目標。その強い気持ちが、ディープブリランテに続く名馬を生む原動力になるのは間違いないだろう。

 さて、そんな伊藤氏とは対照的に、レース後は至福のときを過ごしていたスウィーニィ氏。だが、彼が本当の意味でダービーの勝利を実感したのは、北海道に戻ってからだという。次回は、ディープブリランテのダービー制覇が、パカパカファームにもたらした喧騒に迫る。

(つづく)
 
ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara