楽しく食べて、いつまでも若々しく! 老化を防ぐ身近な食べ物6つ

写真拡大

「いつまでも若々しく……」女性なら誰もが願わずにはいられないもの。厳しい食事制限や高価なエステ通いもいいですが、まずは毎日気軽に続けられることから始めませんか? 今回はあなたを若々しくさせる、とっても身近な食べ物をご紹介します。

赤い野菜

スイカやベリー類、トマトといった赤い野菜はエイジングと戦うスーパーフード。トマトやスイカには、リコピンと呼ばれるパワフルな抗酸化成分が含まれています。また、ベリー類には抗酸化成分のほかに、抗炎症成分が豊富。年を重ねることによって引き起こされる精神的な衰えを予防することで、脳を健康に保つ手助けをしてくれます。

お茶

水分補給は若々しさを保つ鍵。ティータイムを作って、忘れがちな水分補給の時間を作ってあげましょう。緑茶には年齢と共に失われがちな肌のハリを取り戻す作用があるんだとか。やることに追われてストレスがいっぱいの時には眉間にしわも寄ってしまいがち。張りつめた気持ちを解きほぐすためにも、積極的にティータイムを作ってみて。

コーヒー

お茶よりコーヒー派! というあなたにも朗報です。何かと敬遠されがちなコーヒーですが、覚醒作用以外にもアンチエイジング効果があることがわかったんだとか。ジャワ産のコーヒーには心臓の健康を守ったり、ある種のガンのリスクを減らしたりする抗酸化作用があるのだそうです。カフェインの摂りすぎは脱水を招いてしまうので飲みすぎには注意ですが、休憩時間にほっと一息つく分にはあなたの若々しさを守ってくれそうです。

チョコレート

最近の研究で、チョコレートには気分を安定させる薬に含まれる分子ととても似た分子が含まれていることがわかったんだとか。この分子は精神安定剤と同じような効果があるとされています。また、ダークチョコレートはフルーツジュースよりも多くの抗酸化物質を含んでいます。ストレスは体を老化させる大きな原因。気分が落ち込んでしまうようなときには、ティータイムにチョコレートを1かけ楽しんでみるのもいいかもしれません。

サーモン

サーモンやマグロ、イワシなどの魚に含まれるオメガ3脂肪酸は老化の速度を遅らせる働きが。歳をとるごとに短くなっていくテロメアですが(染色体の末端にある染色体を保護するキャップのようなもの。細胞分裂を繰り返すとどんどん短くなっていき、寿命や老化に関係していると考えられています)、オメガ3脂肪酸を多く摂る食生活を送っている人は、テロメアの長さが長くなっていることがわかっています。

発酵食品

脂っこく味の濃い料理が多い現代の食生活では腸の環境も乱れがち。腸内環境が悪くなると肌のトラブルや体の老化を引き起こしてしまいます。納豆ヨーグルトキムチなどの発酵食品は腸の中の善玉菌を増やしてくれる強い味方! 特に納豆には血液をさらさらにしてくれる「ナットウキナーゼ」や、骨を丈夫にして骨粗鬆症を防いでくれる「ビタミンK2」が豊富に含まれています。

「これを食べなきゃ!」とストレスを感じず、手軽に食卓に取り入れて下さいね。