写真提供:マイナビニュース

写真拡大

象印マホービンは8日、圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NP-QA06」を発表した。内釜に「極め羽釜」を採用した小容量タイプの炊飯器。発売は8月21日で、希望小売価格は税別110,000円。

極め炊き NP-QA06は、同社のハイエンドモデル「極め炊き NP-WT10」と同じく、内釜に「極め羽釜」を採用した炊飯容量3.5合の小容量タイプ。「極め羽釜」の広く浅い形状と、側面の羽が炊きムラを防ぐ。また、内釜側面の羽に密着して加熱する「かまどヒーター」で、ご飯の一粒一粒に熱を行き渡らせる。

前回の炊き上がりの感想を学習してユーザー好みの味に炊き方を調整していく「わが家炊きモード」、ご飯の甘み成分を最大限引き出す「うまみプラスプラチナコート」、30時間ご飯をおいしく保温する「うるつや保温」など、ハイエンドモデルと同じ機能も搭載している。

サイズはW26.5×D32×H22.5cmで、重量は6kg。炊飯容量は0.09〜0.63L(0.5〜3.5合)だ。炊飯時の消費電力は865W。カラーはプライムホワイトを用意する。