写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマハは7月8日、デジタル・サウンド・プロジェクター「YSP-2500」を発表した。発売は7月下旬で、価格はオープンとなっている。推定市場価格は92,500円前後(税別)。

複数のビームスピーカーにより、ワンボディのバースピーカーとウーファーユニットのみでのリアルな7.1chサラウンドを実現する「YSP」シリーズの新モデル。バースピーカー部にのビームスピーカーを16基搭載し、ヤマハ独自の「デジタル・サウンド・プロジェクター技術」により音のビームを壁に反射させる。新モデルでは、デザインの刷新に合わせて内部設計が最適化されるとともに専用チューニングが行われ、より抜けの良いサウンドに仕上がった。なお、ビームスピーカーによる音の反射を最適な状態で行えるようにする「インテリビーム」機能を搭載。付属マイクを使って約3分間の測定を行うだけで、部屋の形状や環境に合わせたサラウンドを実現する。

4Kテレビのラインナップ本格化に歩を揃えて、4K/60Pでのパススルーに対応した最新規格のHDMI端子を搭載。レコーダーなどから4K/60Pの映像信号を入力して、テレビに伝送することができる。音声面でもHDオーディオに対応。ハイクオリティなロスレスサウンドを楽しめる。

デザイン面では、バースピーカー部は高さが51mmに抑えられており、狭額縁スタイルで背の低いテレビの前に置いても画面やリモコン受光部を隠しにくい。もはや定番機能となったテレビリモコンリピーター機能を搭載し、万が一リモコン受光部が隠れてしまう場合でも、信号を背面に受け流す。また、バースピーカーの高さは付属の着脱式レッグを使用することで、51〜86mmの間で調節可能だ。

そのほか、2013年9月に発表された「YSP-1400」に引き続き、Bluetooth機能を搭載。スマートフォンやタブレット端末などのBluetooth対応機器からワイヤレスで音楽を再生することができる。Bluetoothのバージョンは2.1+EDR、対応プロファイルはA2DPおよびSPP、対応コーデックはSBCおよびaptXだ。SCMS-T方式のコンテンツ保護にも対応している。

主な仕様は次の通り。スピーカーユニットはビームスピーカーが2.8cmコーン型×16基、サブウーファーが10cmコーン型×2基、実用最大出力はバースピーカー部が32W、サブウーファー部が75Wとなっている。バースピーカー部に搭載されている接続インタフェースはHDMI入力×3系統、光デジタル入力×2系統、同軸デジタル入力×1系統、アナログ入力×1系統、HDMI出力×1系統(ARC)、ヘッドホン出力×1系統、サブウーファー出力×1系統。消費電力はバースピーカー部が24W、サブウーファー部が45W。

サイズはバースピーカー部がW944×D144×H51mm(レッグ非装着時)、サブウーファー部がW434×D353×H129mm、質量はバースピーカー部が4kg、サブウーファー部が7.9kgだ。