写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマハは7月7日、AVレシーバー「RX-V777」を発表した。発売は7月下旬。希望小売価格は88,000円(税別)。

RX-V777は、7.1chのAVレシーバー。パワーアンプはディスクリート構成で、定格出力は130W/ch(1kHz/1ch駆動)。HDMI端子は、入力6系統/出力2系統を装備。HDMI 2.0に対応しており、4K/60Pの映像信号の伝送が可能だ。また、SD映像やHD映像の4Kへのアップスケール機能も搭載している。HDMI入力のうち、フロントパネルに装備された1本はMHLに対応している。なお、HDCP 2.2には対応していないため、4K試験放送などの映像信号を伝送することはできない。

ネットワークを利用した音楽ファイルのストリーミング再生に対応。バーブラウン製192kHz/24bit D/Aコンバーターを搭載しており、192kHz/24bitまでのWAV/FLACファイル、96kHz/24bitまでのApple Losslessファイルなどのハイレゾ音源を再生することが可能だ。ギャップレス再生にも対応しており、曲間の途切れのない演奏が可能だ。また、vTunerブックマーク&オートプレイも利用できる。

ネットワークは、有線LANとWi-Fi(無線LAN)の両方に対応。家庭内のネットワーク環境に柔軟に対応できる。また、「Wireless Direct」機能も搭載しており、家庭内にネットワーク環境が構築されていない場合でも、スマートフォンやタブレットとRX-V777のみでネットワーク機能を利用することも可能だ。AVアンプ専用アプリ「AV CONTROLLER」にも対応しているので、スマートフォンやタブレットからRX-V777を操作することができる。

音場に高さ方向のデータを加えることで立体的なサウンド空間を実現するシネマDSP<3Dモード>を利用可能。通常、シネマDSP<3Dモード>を利用するには、フロントスピーカーの上にプレゼンススピーカーを設置する必要があるが、RX-V777ではVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を搭載。7.1chまたは5.1chの環境で、手軽にシネマDSP<3Dモード>を楽しむこともできる。

フロント、サラウンドとセンター用スピーカーをすべて前面に配置した状態でサラウンド再生を行う「Virtual CINEMA FRONT」を搭載。「Virtual CINEMA DSP」以上の臨場感を実現している。

本体サイズはW435×D368×H171mmで、質量は10.5kg。消費電力は220Wとなっている。通常モデルの本体カラーはブラックだが、777台限定でチタンカラーモデルも用意されている。

(村田修)