「Oisixの商品企画部」オープン、生活者と共同で商品開発やスター野菜育成へ

写真拡大 (全2枚)

 7月3日、Oisixは、生活者と共同で行なう商品開発プロジェクト「Oisixの商品企画部」を開始した。プロジェクトの第一弾はスター野菜を育てるためのネーミング募集を行う。

 Oisixは、生活者との共創プラットフォーム「みんなの企画会議 Blabo!」を運営するBlaboと共に、生活者と共同で行なう商品開発プロジェクト「Oisixの商品企画部」を開始した。同プロジェクトでは野菜のネーミングや、野菜宅配セットのアイデア募集などを通し、生活者の要望を取り入れた商品開発を行う。プロジェクトの第一弾は野菜のネーミングを募集する。

 同社が提供する商品には「ピーチかぶ」「トロなす」「みつとまと」などユニークな名前のついたスター野菜がある。一方で、おいしいが無名の野菜もある。そこで、生活者と一緒にスター野菜を育てるため、野菜のネーミングを募集する。なお、生まれたアイデアは実際に野菜の正式名称となったり、商品化される予定。