写真はYoutube「El gol que retumbó en todo Buenos Aires」のキャプチャ

写真拡大

決勝トーナメントに入り、連日延長戦にもつれ込む接戦が続いているワールドカップ。均衡したゲームでは、ゴールが生まれた瞬間のサポーターのリアクションも、ますますヒートアップしているようだ。

日本時間2日に行われたアルゼンチン対スイス戦(1−0)で、ゴール直後のアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスの様子は特に印象的だ。

延長戦の後半13分、終了2分前にアルゼンチンFWリオネル・メッシのパスを受けたMFアンヘル・ディ・マリアが勝ち越しゴールを決めた。その瞬間、街の至る所から「ゴーーール! ウーーー! ウォーーウ! ウォー!」という轟音のような叫び声があがったのだ。

そのすさまじい喜びの瞬間の動画をCNNがYouTubeにアップし、話題になっている。

映像にはゴールシーンなど無く、街中に鳴り響くゴール後の喜びの声だけだが、その熱狂ぶりを十分すぎる位に感じることができる。

日本サッカーもいつかこんな日が来るだろうか。

【関連記事】
美人リポーター、ワールドカップ番組の生放送中に突然キスされる「友達がいっぱい出来ました」
「サッカーを理解する天才犬が出現した!」 テレビにかじりつき得点シーンに歓喜する犬が海外で話題に
PKに興奮しすぎたブラジル代表サポーター、勢い余って自宅テレビを破壊