『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第37回

 競馬界最高峰の舞台となる日本ダービーを3番人気で迎えたディープブリランテ。運命のスタートが切って落とされると、同馬は不安視されたかかり癖を出さずに1コーナーへ向かった。生産者であるパカパカファームのスタッフが見守る中、これまでにないほどのスムーズな走りを見せたのだった――。

 2012年の日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)は、3歳馬18頭の精鋭が参戦。同じ年に生まれたサラブレッドの頂点を争う戦いは、ゼロスがスタート直後から先頭に立ち、残り17頭をけん引する展開となった。前半1000mの通過タイムは59秒1。2400mのレースとしては、やや速めのペースで流れた。

 逃げるゼロスを見ながら、インコースの3番手につけたディープブリランテ。皐月賞のときのように、大きく頭を上げて騎手に抵抗するような素振りは一切見せず、完璧に折り合っていた。パカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏は、今までとはまったく異なるその姿に、「体調が悪いのかもしれない」と不安を感じたほどだった。

 スウィーニィ氏とともにレースを見ていたパカパカファームのフォーリングマネージャー(生産担当)伊藤貴弘氏も、いつになく落ち着いているディープブリランテの走りに驚いたという。

「1コーナーに入ったところではもう落ち着いていましたからね、正直びっくりしました。すごく折り合っているな、と。それでも、レースで勝てるほどの自信は持てませんでしたね。皐月賞では勝利を意識しながらレースを見ていたのですが、ダービーは『何とか3着までに入ってくれ』と願っていたのが本音です。これまでのレースぶりから、距離の面でどうしても不安を感じていました」

 ディープブリランテのライバルである、1番人気のワールドエースと2番人気のゴールドシップは、いずれも後方を追走。レースは向こう正面に差し掛かると、先頭のゼロスが2番手以降との差を広げにかかった。そのため、馬群は自然と縦長になった。

 馬群が3コーナーから4コーナーへと進んでいく中、いち早く動き出したのは、2番手のトーセンホマレボシだった。同馬は逃げ脚を伸ばそうとするゼロスに並びかけていった。

 このとき、3番手のディープブリランテは先頭から5、6馬身離れた位置を追走。だが、手応えは絶好で、4コーナーで岩田康誠騎手がゴーサインを出すと、前との差を一気に詰めていった。ワールドエースとゴールドシップは、まだ後方馬群の中だった。

 そして、迎えた直線入り口。伊藤氏がそのシーンを振り返る。

「直線に入ったときは、とにかく『ゆっくり仕掛けてくれ』と、そればかり思っていました。大一番ではいつも、最後にどうしてもかわされてしまうので......。少しでも仕掛けを遅らせられれば、『善戦できるかも』と考えていました。ただこのときも、勝つことはまったく頭にありませんでした」

 最後の直線の攻防。外に持ち出したディープブリランテは、一歩ずつ先頭との差を詰めていく。残り300mの地点では、先に抜け出していた先頭のトーセンホマレボシに並びかけた。

 自らが携わった生産馬が、ダービーの直線で先頭に立とうとしている。しかしそこまできても、伊藤氏は"勝利"というものを意識できなかったという。

「ダービーを勝つなんていう出来事が本当に起こるのか、と。そんな信じられない夢のようなことが現実になるのだろうか、と思っていました。レース前から、その感覚はずっとありましたね。ですから、実はこのときだけ、購入した馬券はディープブリランテの"複勝"だったんです。皐月賞まではずっと単勝だったんですが、このときだけは複勝......。給料日前だったという事情もありましたが(笑)、それよりも『ダービーを勝つ』ということが想像できなかったんです」

 最後まで「勝利を想像できなかった」という伊藤氏。まさしくそれが、生産者だからこそ感じる、日本ダービーの"重み"なのだろう。

 一方で、伊藤氏の隣でレースを見守っていたスウィーニィ氏は、ディープブリランテが先頭に並びかけた瞬間から「勝てるかもしれない」と声を張り上げたという。

「残り300mからは、とにかく必死に応援しました。でも、岩田騎手の騎乗フォームがいつも以上に激しかったので、『落ちてしまうんじゃないか』と心配にもなりましたね(笑)。ですから、『ゴー、ブリランテ!』という掛け声とともに、『岩田さん、落ちないで!』と絶叫していましたよ」

 残り200mの標識を過ぎた時点で、ディープブリランテは完全に先頭へと躍り出た。ワールドエースとゴールドシップは、まだ後方。3着争いが精一杯の状況だった。言うなれば、2012年のダービータイトルは、限りなくディープブリランテに近づいたと言える。だがそのとき、外から一頭、ディープブリランテと同じ勝負服の馬が強襲してきた。同じサンデーレーシングの所有馬で、トライアルの青葉賞(4月28日/東京・芝2400m)を勝ってダービーに駒を進めてきた、5番人気のフェノーメノだった。

 内で懸命に粘るディープブリランテに、大外からフェノーメノが猛追する。死力を尽くした2頭は、並んでゴールに飛び込んだ。ゴール前の勢いこそフェノーメノだったが、ディープブリランテも最後まで懸命に四肢(しし)を伸ばした。

 全馬がゴールした直後、電光掲示板の1着、2着の欄には写真判定の表示が点灯。伊藤氏はこのときも、やはり「負けた」と思っていたという。

「今回も、『最後にかわされてしまった』と落胆していました。ゴール前の勢いもフェノーメノのほうが上でしたし、とても勝てたとは思えませんでした。社長は隣で、ずっと『勝っている!』と叫んでいましたけどね(笑)」

 しかし伊藤氏も、ターフビジョンに映し出されたゴール前のストップモーションを見直して、胸に湧き上がるものを感じた。ゴールの瞬間、わずかに、ほんのわずかに、ディープブリランテの鼻先が出ていたのだ。

 2001年のパカパカファーム開場から、11年で訪れたダービー馬誕生の瞬間である。

 あのときのことを「信じられない」と表現したスウィーニィ氏は、ダービーを改めて振り返り、率直な思いを語った。

「競馬では、一番強い馬が勝てないことがたまにあります。フェノーメノは、正直に言えば、ちょっとアンラッキーでした。最後に少しヨレてしまいましたから。あれがなければ、結果はどうなっていたか、わかりません。でも、ディープブリランテがマークしたダービーの勝ちタイム(2分23秒8)は、歴史的な名馬であるディープインパクトとキングカメハメハ(ともに2分23秒3)に次ぐ、史上3番目の速さ。それまでのブリランテの成績を見ても、(ダービー馬にふさわしい)能力は間違いなくあります。細かい話はともかく、あのときはひたすら喜びました。本当にうれしかったです」

 ゴール後、興奮状態だったスウィーニィ氏は、「すぐに、アイルランドの奥さんに電話した」という。かたや伊藤氏は、歓喜のシーンを迎えながらも、なぜか「悔しさ」ばかりが込み上げてきたという。それはなぜか?次回はダービー後のパカパカファームの喧騒とともに、その理由に迫る。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara