6月29日に行なわれるGI宝塚記念(阪神・芝2200m)。注目は、悲願のGIタイトルを目指すウインバリアシオン(牡6歳)に、GI6勝の牝馬ジェンティルドンナ(牝5歳)、そして、昨年の覇者でGI4勝のゴールドシップ(牡5歳)による「3強対決」である。いずれも現役トップクラスの実力の持ち主。どの馬が頂点に立っても不思議はない。

 そのうえで、馬券予想では3頭が持つ「共通点」によって、さらに頭を悩ませることになるだろう。それは今回、3頭ともに手綱をとる騎手が前走と変わる、ということだ。

 近年の競馬では、前走から騎手が変わる「乗り替わり」は決して珍しいことではない。ただし、GIで人気を分け合うほどの実績馬が、すべて乗り替わるケースは異例だ。当然、騎手が変わったことで、プラスにも、マイナスにも作用する可能性があり、レースは一層読みにくくなる。

 では、宝塚記念での3強の乗り替わりは、それぞれどんな影響を及ぼすのだろうか。

 今回の乗り替わりで最も不安がないのは、間違いなくウインバリアシオンだろう。前走のGI天皇賞・春(5月4日/京都・芝3200m)で2着だった同馬は、そのときの鞍上・武幸四郎騎手から岩田康誠騎手にスイッチするが、これは"形だけ"だからだ。もともとウインバリアシオンは、岩田騎手が騎乗して、昨年のGI有馬記念(2013年12月22日/中山・芝2500m)で2着と好走し、今春の日経賞(3月29日/中山・芝2500m)も快勝した。

 そもそも前走の天皇賞・春は、岩田騎手の騎乗停止で急きょ乗り替わりになったもの。宝塚記念では、むしろ「本来のコンビに戻った」と言える。当然、乗り替わりによる不安はない。

 加えて、このコンビにはプラス材料がある。岩田騎手はかつて、ジェンティルドンナとゴールドシップの手綱をとった経験があるからだ。つまり、岩田騎手はライバル2頭のクセを知っている。となれば、3強による駆け引きにおいても、一歩リードすることになる。

 関西競馬専門紙のトラックマンは、決戦に挑むウインバリアシオンの状態をこう語る。

「天皇賞・春のあとは、多少疲れも出たようですが、今ではその疲れもとれて、宝塚記念への参戦を決めたようです。実際に調教でも、いい状態を維持していますしね。レースでは、折り合いに不安がなく、騎手にとって難しさのない馬。ライバル2頭に比べて、乗りやすく、マイナス要素はないですね」

 ウインバリアシオンの乗り替わりは、むしろプラスと捉えてもいいだろう。

 続いては、前走で国際GIドバイシーマクラシック(3月29日/UAE・芝2410m)を勝利し、ここに挑むジェンティルドンナ。同馬は、ムーア騎手から川田将雅騎手に乗り替わりとなるが、川田騎手は2年前のGIオークス(2012年5月20日/東京・芝2400m)でジェンティルドンナに騎乗。レースでは2着に5馬身の差をつける圧勝劇を演じた。コンビを組むのはそれ以来となるが、一度乗っている分、まったくの「未知数」ではない。

 とはいえ、この2年の間にジェンティルドンナの性格は少し変わった。休み明けのレースになるとテンションが上がり、道中行きたがる面を見せるようになったのだ。今回は3カ月ぶりのレースで、まさにその「休み明け」。2年前に川田騎手が乗ったジェンティルドンナとは、かなり異なる素振りを見せる可能性がある。そういう意味では、「一度騎乗しているから安心」とは言い切れない。

 前述のトラックマンも、ジェンティルドンナの気性面を課題に挙げた。

「陣営も、テンションにはかなり気を使っているようで、不安材料であることは確かです。また、ジェンティルドンナ自身が左回りの軽い芝を得意とする馬なので、右回りで力のいる阪神競馬場はベストな条件ではありません。その中で、休み明けの同馬をうまく折り合わせられなければ、致命的。川田騎手にとっては、簡単な乗り替わりではないと思います」

 乗り慣れていれば、折り合いをつける工夫も考えられるが、おそらく川田騎手もそこは手探り。こちらの乗り替わりには、少し不安が見えそうだ。

 2頭に対し、文字通り「未知数」の乗り替わりとなるのがゴールドシップ。同馬は今回、初コンビとなる横山典弘騎手とともに、宝塚記念の連覇を目指す。

 ゴールドシップは、現役屈指の気難しさを持つ"個性派"。スタート後にダッシュがつかず、後方に下がってしまうのも、馬が騎手の指示を受け入れないからと言える。昨年の宝塚記念を制したあとはリズムを崩し、前走の天皇賞・春もスタートで出遅れて7着。厳しい戦いが続いている。

 いかにゴールドシップのやる気を引き出し、前半から先行させられるか。それができれば、復活も可能なはずだ。

 そこで白羽の矢が立ったのが、ベテランの横山典騎手。後方から追い込む印象の強い横山典騎手だが、反面、それまで後方から追い込んでいた馬を先行させて勝利を手にしたことも多い。今年の日本ダービーを制したワンアンドオンリー(牡3歳)や、3月の中山記念を快勝したジャスタウェイ(牡5歳)などの乗り方がまさにそう。その馬の新たな一面を引き出して、鮮やかな勝利を飾ったレースがいくつもある。

 横山典騎手は、2週前からゴールドシップの調教に騎乗。その様子について、前述のトラックマンはこう語る。

「初めて乗った2週前の調教では、少し物足りなそうにしていましたが、先週の調教では『これで本番までに変わってくる』と手応えをつかんだようです。クセのある馬とうまくコンタクトをとる騎手ですから、この人馬はマッチするかもしれません。ゴールドシップを管理する須貝尚介調教師も、『同じ騎手が乗ると馬がズルくなるので、騎手は変わったほうがいい』と言っています。爆発するなら、このコンビでしょう」

 安定感なら、ウインバリアシオンと岩田騎手。未知なる魅力があるとすれば、ゴールドシップと横山典騎手か。もちろん、ジェンティルドンナと川田騎手にも、実績と意地がある。はたして勝利をつかむのは、どの「人馬」だろうか。

河合力●文 text by Kawai Chikara