20代のまま使ってない?? 30歳からのラメメイク講座

写真拡大

ファッションにもその年齢にふさわしいファッションがあるように、メイクにもその年齢にふさわしいメイクというものがあります。年齢を重ねれば似合う色も変わり、肌悩みがあればそれをカバーするようなメイクをする必要があります。
つまり、20代の頃のメイクアイテムをずっと使用し、20代の頃のメイクをしていたのでは自身の年齢とそぐわなくなるという事態が発生するのです。
ですから、メイクアイテムの色選びはもちろん、質感選びも慎重になるべき。
今回は、30代以降になると取り入れにくくなる「ラメ」の取り入れ方についてお話ししていきたいと思います。

難易度が高いラメメイク

光の加減で煌めくラメ。とても綺麗ですよね。メイクに取り入れるとグッと華やかになり、メイクの方法によっては濡れたような艶っぽい仕上がりになるためセクシーな印象を周囲に与えることもできます。
しかし、ラメはパールと比較しても難易度が高いのも事実。付きが悪いラメ入りアイシャドウはいつの間にか目の下にラメが落ちてしまっていたり、ラメ入りグロスは食事のとおき唇にまだらに残ってしまったり。ラメを取り入れたメイクは仕上がりの美しさをキープするのも至難の業です。ですから、こまめなお直しはもちろん、使用するアイテム選びも品質のいいものにするなど慎重にならざるを得ません。

ラメを取り入れるならアイライナーで

ラメが入っているメイクアイテムは豊富にあります。アイシャドウ、口紅、グロス、マスカラなど。しかし、30歳を過ぎるとさまざまなエイジングサインが気になり始めます。しかも、前述のようにアイシャドウやリップアイテムにラメを取り入れると失敗も多くなるため、年齢相応の落ち着きを周囲から求められる30歳以降の女性は避けた方が無難です。また、目元や口元の広い範囲でラメを使うと、かえってエイジングサインを目立たせる恐れがあります。注意しましょう。
そこで、お勧めしたいのがアイライナーでラメを取り入れること。目を伏せたとき、ライトが目元にあたったときにさりげなく煌めくのが素敵です。

粒子が細かく煌めきが上品なラメアイライナーを選ぶ

ラメ入りアイライナーといってもさまざまな商品が販売されています。その中で30歳以降の女性に選んでいただきたいのは、ラメの粒子が細かく上品に見えるアイライナー。ラメの粒子が大きすぎると変に目立つ恐れがあり、煌めきがどこか安っぽいものを選ぶと下品な印象を与えることも。注意しましょう。

いかがでしたでしょうか。ラメアイライナーはいろいろ試してぜひベストなものを所持しておかれることをお勧めします。きっとあなたにとって「ここぞ」という大切な場面で強い味方になってくれることでしょう。