24日、明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏が、韓国に慰安婦問題で批判された場合の対応策をTwitter上で提案している。

慰安婦問題をめぐる河野談話について、政府が「韓国側との調整があった」と検証結果を公表したことに対して、23日に韓国側から抗議があった。

韓国の外務省は、ソウルに駐在する別所浩郎大使を呼ぶと「慰安婦問題の強制性は全世界が認めている歴史的真実だ」「河野談話を傷つけようとすればするほど、逆に安倍政権の信頼性と国際的な評判を損なうだけだと認識すべきだ」と批判したという。

この問題について竹田氏は「日本が河野談話を検証したことを、韓国は相当嫌がっているようだ」と切り出して「韓国の泣き所は、1竹島の紛争化 2仏像 3徴用工訴訟 4河野談話合作問題。政府はしっかりこの4点を国際社会に示して欲しい」と韓国の弱点を指摘。

さらには「韓国が慰安婦問題を持ち出してきたら、ただちに『談話は合作』『仏像返せ』などと応報すべし」と韓国対策を示した。

その後、竹田氏は「竹島問題で韓国を攻めるなら、韓国が力による現状変更をした点を突くべき。南シナ海での中国、クリミア半島のロシアと同等の卑怯な行為」と他国の例を挙げながら「韓国が竹島を実効支配したのは、自衛隊が組織される前だった。反撃能力がない事を知りつつ上陸したのであり、卑劣千万である。韓国の不法な振る舞いを宣伝すべし。」と批判している。




【関連記事】
竹田恒泰氏、“ヤジ問題”の塩村議員に「上手に受け流して」
竹田氏 華原への求愛は真剣だった…さんま納得「モテるの分かる」
竹田恒泰氏“皇族復帰”語る「最も不適切なのは私」