中国人の反日感情とは一体どういうものか、想像したことはないだろうか。外国に行けば、「日本人だから」という理由で現地の人に非常に優しくされることが多い。しかし、中国では「日本人だから」という理由で中国人の逆鱗に触れることがある。写真は日本のバス。

写真拡大

中国人の反日感情とは一体どういうものか、想像したことはないだろうか。外国に行けば、「日本人だから」という理由で現地の人に非常に優しくされることが多い。しかし、中国では「日本人だから」という理由で中国人の逆鱗に触れることがある。

【その他の写真】

中国で初めて1人でタクシーに乗った時のことだ。温厚そうな運転手に国籍を聞かれ「日本人」と答えた途端、運転手の態度は激変。急停車すると「日本人に俺らの気持ちが分かるのか?」と怒鳴った。テレビをつければ反日感情を煽るドラマを放送していない日はない。外国人留学生の間では「しつこく話しかけてくる中国人を黙らせるには『私は日本人だ』って言えばいい」という反日ジョークが存在していた。中国人と接する機会のある多くの日本人にとって、「反日感情」は避けては通れない課題だ。

では、現地の日本人は皆、中国人と良い関係が築けていないのだろうか?そんなことはない。中国に滞在したことがある人であれば、こんな経験をしたことがある人も多いはずだ。最初は非常に無愛想だった店員が、店に通ううちに驚くほどフレンドリーになる。また、「私のお父さんは反日家」という友達の家に遊びに行くと、そのお父さんから「日本人は大嫌いだけど、娘の友達なら別だ」という言葉と熱烈な歓迎を受ける。

中国人には、彼ら特有の「ウチ」と「ソト」の考え方がある。「相手の懐に入る」と言うべきか。中国人は一度「ウチ」に入れてくれれば、国籍など気にしない。日本語を勉強していたり、日本文化が好きな中国人であれば、日本人は最初から「ウチ」の存在だし、同じマンションに住めば「日本人」ではなく「ご近所さん」としていろいろと世話を焼いたりもしてくれる。最初は多少の反日感情を持っていた中国人も、自分の生活範囲で接する機会が増えると友好的になるのだ。

日本人が多く住む大連に行った時、親日家の多さにとても驚いた。会う人は皆、口をそろえて日本人を絶賛する。また、日本に来たある中国人は「歴史問題でどんなに日本を嫌っていても、実際に日本に来たら好きにならずにはいられない」と語った。その1つの要因として、日本人の「誰に対しても礼儀正しい態度」がある。メンツを重んじる中国人は、そのような日本人の態度に「自分を尊重してくれた」「自分のメンツを立ててくれた」と好意を抱かずにはいられない。日本人の礼儀正しさは世界的に有名だが、それは時に中国人の反日感情をぬぐい去ることもあるのだ。

■筆者プロフィール:北村まい(きたむら・まい)
1989年、兵庫県生まれ。高校時代、一人旅で訪れた北京で中国の魅力に圧倒され、「どうせ学ぶならキレイな標準語を」と、極寒の地中国ハルビンに留学。4年間の現地生活で中国文化の奥深さと中国人のパワフルさの虜となり、「中国通」になることを決意。2014年秋より四川大学大学院で対外中国語教育を学ぶ。現在中国語翻訳者として活動中。