『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第36回

「競馬の祭典」日本ダービーへと駒を進めたディープブリランテ。しかし同馬には、距離延長、かかり癖という課題があった。そうした不安を抱えながらも、生産者であるパカパカファームのスタッフたちは、ディープブリランテの勝利を信じて、舞台となる東京競馬場に駆けつけた――。

 2012年5月27日(日)。競馬界にとって、年に一度の特別な一日が幕を開けた。3歳馬の頂点を決める、日本ダービー(東京・芝2400m)の開催日である。天気は快晴。"ダービー・デー"にふさわしい、絶好のコンディションだった。

 15時過ぎになると、東京競馬場のパドックにダービーの出走馬たちが姿を見せた。当日の1番人気は、4月15日の皐月賞(中山・芝2000m)で2着と惜敗したワールドエース。そのときの勝ち馬ゴールドシップが2番人気で続き、同3着のディープブリランテは3番人気となった。そのあとに、皐月賞1番人気で5着に敗れたグランデッツァが4番人気で続いた。

 その他、別路線組からは4月28日に行なわれたトライアル・青葉賞(東京・芝2400m)を快勝したフェノーメノが参戦。皐月賞組を脅かす存在として、5番人気に推されていた。

 ダービー当日の東京競馬場には、パカパカファームのスタッフが多数駆けつけた。代表のハリー・スウィーニィ氏はもちろん、場長のミック・ブックリー氏や、当時海外から来ていた研修生たちの姿もあった。

 そして、本来ならば足を運べなかったはずの、フォーリングマネージャー(生産担当)の伊藤貴弘氏も決戦の舞台に訪れた。一頭だけ残っていた繁殖牝馬の出産が、奇跡的に予定よりも早まったおかげだった。

 伊藤氏がこの場に来られたことは、まさに「幸運」。それだけでも縁起のよさを感じるには十分だったが、スウィーニィ氏によれば、他にもディープブリランテの激走を予感させる出来事があったという。

「毎年ダービーの前には、JRAが記念のネクタイを制作し、関係者に贈られます。2012年のネクタイは赤色のもの。これは偶然にも、パカパカファームのカラーでした(笑)。それともうひとつ、私はポーカーが好きなのですが、ダービー前夜にひとりで、何気なくカードを5枚引いてみると、なんと最高の役である"ロイヤル・ストレート・フラッシュ"が出たんです。あれには、ビックリしましたね。ディープブリランテに運が向いていると感じましたよ」

 不思議な偶然から感じたディープブリランテの勝算。そのうえで、パドックに現れた同馬の姿を見て、スウィーニィ氏の期待はますます高まったという。

「ディープブリランテは5月8日の遅生まれですから、皐月賞から日本ダービーの約1カ月半でグンッと成長しているように感じました。早く生まれた馬との差がどんどんなくなって、間違いなく調子はいいと思いましたね」

 隣で見ていた伊藤氏も、ディープブリランテの出来には太鼓判を押した。

「馬体を見て、体調はまったく問題ないと思いました。矢作先生(※ディープブリランテを管理する矢作芳人調教師)も近くにいましたが、『これ以上の仕上げはできない』と言っていましたからね」

 ディープブリランテの状態面には何の不安もない。ダービーに挑む態勢は整ったと言える。それは管理する矢作厩舎のスタッフも、生産者のパカパカファームも同じ思いを抱いていた。

 だが、ディープブリランテの場合は、とにかくレースでの折り合いがカギ。皐月賞から距離が延長されるダービーで、前走のように行きたがる素振りを見せれば致命的だ。スウィーニィ氏も、伊藤氏も、「体調よりも、とにかくレースでリラックスできるか。それだけ」と、同じ思いでスタートを待ったという。

 15時40分。ついに日本ダービーのゲートが開いた。5月8日の深夜に産まれてから3年と少し。生後2カ月で国内最大級のセリ市に上場された遅生まれの素質馬は、見事にダービーのスタートを切ったのだった。

 大歓声の中、18頭の3歳馬たちは第1コーナーに入っていく。そしてこのとき、スウィーニィ氏はディープブリランテの様子を見て、思わず驚いた。

「ディープブリランテが、今までになくリラックスしていたんです。いつもなら馬は躍起になって走ろうとし、鞍上の岩田(康誠)騎手は立ち上がるようにして手綱を引っ張っているところ。でもダービーの1コーナーでは、手綱がいつもより緩んでいて、力んでいなかった。走り方もまったく違って、困惑させられました」

 皐月賞とは異なる、リラックスした走り。この大舞台で、ディープブリランテはそのかかり癖を見せなかった。

「皐月賞のとき、ブリランテはどんなレース展開でも引っかかる馬なのだと感じました。ですから、ダービーのリラックスした姿は、とても信じられませんでしたね。むしろ、『馬に何か異変があったのでは?』と思ったほど。例えば、体調が悪いとか、元気がないとか。パドックを見て、好調だとは確信していたのですが、それでもそんな不安が頭をよぎってしまったんです。それほど信じられないことでした」

 いずれにせよ、皐月賞やそれまでのレースとは違う姿をダービーで見せたディープブリランテ。次回は、激闘ダービーの終盤を振り返る。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara