日本ダービー(優勝ワンアンドオンリー/牡3歳)の興奮がいまだ覚めやらぬ中、6月8日には「春のマイル王決定戦」安田記念(東京・芝1600m)が行なわれる。

 今年は、ドバイデューティフリー(3月29日/UAE・芝1800m)を制したジャスタウェイ(牡5歳)をはじめ、日本のマイル(1600m)GI馬が7頭も参戦。さらに、勢いのある上がり馬や、復活の狼煙(のろし)を上げた素質馬なども加わって、非常に興味深く、ハイレベルなメンバーがそろった。

 断然の1番人気は、ジャスタウェイで間違いないだろう。

 なにしろジャスタウェイは、前述のドバイデューティフリーの鮮やかな勝ちっぷりが評価されて、目下のところ、IFHA(国際競馬統括機関連盟)の発表する「ワールドサラブレッドランキング」では、単独1位にランクされている。つまり、現在の世界チャンピオンに相当する存在だ。

 遡(さかのぼ)れば、昨年の天皇賞・秋(2013年10月27日/東京・芝2000m)では、のちにジャパンカップ(2013年11月24日/東京・芝2400m)連覇を果たし、ドバイシーマクラシック(3月29日/UAE・芝2410m)でも勝利を挙げたジェンティルドンナ(現牝5歳)を4馬身も千切った。以来、一気に本格化して、世界の頂点にまで上り詰めた。その勢いからして、帰国初戦でも能力全開が見込まれるのは、自然な流れだ。

 しかし、わずかながら不安材料もある。ジャスタウェイの主戦である福永祐一騎手が騎乗停止処分(6月7日〜15日までの期間)を受けたことだ。結果、安田記念でジャスタウェイの手綱をとることができなくなり、鞍上は関東のベテランジョッキー・柴田善臣騎手に替わった。

 柴田騎手は過去にもジャスタウェイに騎乗。毎日王冠(東京・芝1800m)で2年連続(2012年、2013年)2着という結果を残している。その相性から不安要素は見えないが、もともと柴田騎手は今回、サダムパテック(牡6歳)に騎乗すると見られていた。その突然の乗り替りが、人馬それぞれに何かしら影響を及ぼすことがあるかもしれない。

 また、ジャスタウェイ以外の有力馬も、決して安泰とは言えない。とりわけ、マイルCS(2013年11月17日/京都・芝1600m)の勝ち馬トーセンラー(牡6歳)をはじめ、ワールドエース(牡5歳)、ミッキーアイル(牡3歳)など、上位人気が予想されるディープインパクト産駒7頭には嫌なデータがある。

 ダービーウィークの土曜(5月31日)、日曜(6月1日)の芝レース(計11レース)は、安田記念当日と同じCコースを使用して行なわれたのだが、ディープインパクト産駒は7つのレースに計15頭が出走し、一頭も勝ち星を挙げることができなかった(2着が2頭)。2年連続で産駒が優勝しているダービーでも、今年はベルキャニオン8着、ワールドインパクト10着、サトノルパン14着、トーセンスターダム16着と、4頭すべてが馬群に沈んだ。

 これが、並の種牡馬であれば何ら問題にならないが、今年も産駒の勝率が約12%(昨年は約13%)という高い数字を誇るディープインパクト。本来15頭出走していれば、1頭か2頭は勝ち星を挙げていてもおかしくないが、未勝利に終わっている。2日間の結果とはいえ、今の東京芝コースはディープインパクト産駒にとって、かなり不利な条件にあると思われる。

 さらに、関東地方が梅雨入り。週末も雨模様が続くと予想され、さらに不確定な要素が増える見込みだ。すなわち、波乱が起きてもおかしくない、ということである。

 そんな波乱の使者となり得るのが、香港からやってきた"刺客"グロリアスデイズ(せん7歳)だ。一昨年14着、昨年11着と惨敗しているものの、三度目の正直を狙って果敢に来日してきた。

 年齢は日本の表記では7歳となるが、南半球生まれのため、実際は6歳後半。昨年の安田記念以降は、3回しかレースを使っていないため、馬もまだ若々しさを保っている。その証拠に、昨年末にはGI香港マイル(12月8日/香港・芝1600m)を鋭い末脚で制した。

 そうは言っても、過去2回の安田記念の実績から、強調材料が欠けるのは確か。一昨年は調子落ち、昨年は出遅れといった敗因があるにせよ、東京芝コースの1分31秒台の高速決着に適性がないのも明らかだ。が、グロリアスデイズを管理する、ジョン・サイズ調教師はまったく勝負を諦めてない。

「昨年はいいコンディションで送り出したけど、馬が実力を発揮してくれなかった。実力さえ出し切れば、勝負に加われると考えている」

 そう言って、穏やかな口調の中にも強気な姿勢を見せる。そして、同師は今回、とっておきのカードを切った。J・モレイラ騎手である。日本初騎乗で、グロリアスデイズの手綱をとるのも今回が初めてだが、彼の手腕には大きな期待がかけられ、奇跡を起こすのではないか、とさえ見られている。

 事実、J・モレイラ騎手はそれだけの実績を残している。祖国ブラジルで成功を収めると、2009年にシンガポールに移籍。翌2010年から4シーズン連続でリーディング首位を獲得し、1日8戦8勝という離れ業もやってのけた。その後、さらなる高みを目指して香港に移籍すると、世界の名手が集まる舞台でも圧巻の騎乗を披露。シーズン途中から合流したにもかかわらず、現在リーディング2位につけ、勝率はダントツの20%超えを記録。その手腕を称して「マジシャン」「雷神」といった異名を持つ。

 そんなJ・モレイラ騎手の凄さは、順応性の高さ、いつの間にかいいポジションに入り込める技術、そして馬の能力を120%引き出せる騎乗テクニックである。2012年に香港で行なわれた国際騎手招待競走(全4レース。各競走におけるポイントで優勝者を決定する)では、世界屈指のトリッキーなコースと言われるハッピーバレー競馬場での初騎乗レースで、世界中のトップ騎手を相手に回して8番人気の馬を勝利に導いた。そのうえ、4戦目でも5番人気の馬を勝たせて、同イベント初出場初優勝を成し遂げてしまったのだ。

 さらに今年のドバイワールドカップデー(3月29日)でも、初騎乗となるメイダン競馬場(UAE)で、ふたつのGI競走、アルクォズスプリント(芝1000m)をアンバースカイ(せん5歳)で、ゴールデンシャヒーン(オールウェザー1200m)をスターリングシティ(せん6歳)で、立て続けに勝利を飾ってみせた。

 まさに"マジシャン"の異名に偽りなし。ならば、J・モレイラ騎手にとって、日本のコースが初めて、ということがマイナス材料になるとは思えない。むしろ、グロリアスデイズの適性を、ひっくり返してしまうのではないかと思わせるほどだ。

 グロリアスデイズは、今年も人気薄であることは間違いない。だが、J・モレイラ騎手があっと驚く"マジック"を起こしても不思議ではない。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu