日本ダービー特集(4)
伏兵馬編

 有力馬が集う今年のダービー(6月1日/東京・芝2400m)は、伏兵陣も粒ぞろいだ。実績では皐月賞(4月20日/中山・芝2000m)上位組に一歩譲っても、素質は互角か、それ以上。状態面のよさや上昇度、レースの流れ次第では「番狂わせも可能」と思わせる馬が五指に余るほどいる。

 その筆頭は、昨年のダービー馬キズナと同じステップで挑む、ハギノハイブリッド(牡3歳)。この3月までは1勝馬で、皐月賞に出る権利さえなかった馬だった。しかし4月末の500万特別(4月26日/東京・芝2300m)を圧勝すると、中1週で臨んだ京都新聞杯(5月10日/京都・芝2200m)も見事な末脚を見せて快勝。一躍、ダービー候補の一頭に数えられるまでになった。

 確かに2月の共同通信杯(2月24日/東京・芝1800m)では、勝ったイスラボニータ(牡3歳)から5馬身も離されて6着に敗れたが、当時は未勝利を勝ち上がったばかりの身。ここに来ての、目を見張るような上昇度を考えれば、その差はかなり縮まっているはすだ。

 前々走から前走まで中1週で、そこから中2週でダービーというハードなローテーションも不安視されているが、ハギノハイブリッドの父タニノギムレットは皐月賞(3着)から中2週でNHKマイルC(3着)に臨み、さらに中2週で挑んだダービーを勝利。およそ1カ月でGI3連戦という強行軍をこなした父の血を受け継いでいることを考えれば、決してマイナス要素になるとは思えない。

 まして、元来タフで強い馬は、使い込めば使い込むほどよくなるもの。それこそ、父タニノギムレットを通して流れる、ブライアンズタイム系血統の最大の長所だ。

 さらに、強調すべきは、ハギノハイブリッドを管理するのが、「マツクニさん」の愛称で知られる、松田国英調教師であることだ。関西の競馬専門紙記者が言う。

「マツクニさんは、ハギノハイブリッドの父タニノギムレット(2002年)と、キングカメハメハ(2004年)でダービーを2勝していますが、ダービーを勝つことを自分の使命にしている。言うなれば『ダービー命』というような人で、ダービー馬を育てることに関しては、独自のノウハウがあると聞いています。ハギノハイブリッドのここ2戦の急上昇ぶりは、まさに"マツクニ・マジック"。本番でも侮れませんよ」

 鞍上には、名手・ウィリアムズ騎手を確保。一発ムードは高まるばかりだ。

 トライアルの青葉賞(5月3日/東京・芝2400m)で2着に入り、ダービー切符を手にしたワールドインパクト(牡3歳)も、無視できない存在だ。ここまで6戦2勝、2着4回という堅実派で、前々走の大寒桜賞(3月29日/中京・芝2200m)では、前出のハギノハイブリッドを鋭い末脚でねじ伏せている。

 そして、何より頼もしいのは、日本を代表する生産牧場のノーザンファームに詳しい事情通の言葉だ。

「今年の3歳牡馬の中で、当初ノーザンファームが『一番手』と評価していたのが、この馬。だから、偉大なる父ディープインパクトの世界的な代表馬といった意味も込められた名前がつけられたわけです。デビュー前は同じノーザンファームのトゥザワールド(牡3歳/皐月賞2着馬)より評価は上でした」

 関係者によると「まだ馬が緩い」とか。つまり、体が完成し切れていないため、末脚勝負の得意な形になれば強いが、好位のポジションを取りにいく正攻法の競馬をすると、最後の脚が甘くなるという。ゆえに、これまで勝ち切れずに2着にとどまることも多かった。しかし逆に言えば、完成途上の分だけ、まだ成長する余地があるということ。実際、青葉賞からさらに馬はよくなっているというだけに、楽しみは広がる。

 鞍上には、GIヴィクトリアマイル(5月18日)をヴィルシーナ(牝5歳)で勝利し、勢いに乗る内田博幸を配して万全を期す。前出の関西の専門紙記者が再び語る。

「ダービーでは、徹底した末脚勝負でいくでしょう。ハマれば、大逆転もありえます」

 軽視できない伏兵馬は、他にもいる。プリンシバルS(5月10日/東京・芝2000m)を勝ったベルキャニオン(牡3歳)だ。父はディープインパクトで、全兄には重賞勝ち馬のカミノタサハラがいる良血。4走前の共同通信杯では、皐月賞馬イスラボニータにコンマ2秒差の2着と好走している。

 能力的にはトップレベルにあることは間違いないが、この馬も前出のワールドインパクトと同様、競走馬としては完成手前。そのため、条件が整わないと力を発揮し切れないという弱点を抱えていた。いい例が、中山での2戦。2番人気に支持されたスプリングS(3月23日/中山・芝1800m)では6着と人気を裏切り、続く皐月賞でも7着に沈んだ。関東の専門紙記者が語る。

「ベルキャニオンは、口向きが悪くて、左へ左へと、もたれながら走る癖がある。だから、中山のような右回りでは、勝負所のペースアップに対応できないし、コースロスも大きい。スプリングSと皐月賞で大きく負けたのはそのためです」

 だが、3戦未勝利の中山に対して、ダービーの舞台となる東京では、4戦2勝、2着2回とパーフェクト連対。先の専門紙記者も、その点を強調してダービーでの巻き返しは十分にあるという。

「右回りと違って、(ベルキャニオンは)左回りの走りが本当にいいですからね。陣営も、中山での2戦を振り返って『あそこで強い相手と戦った経験がダービーで生きる』と前向きにとらえていました。ダービーでは面白い存在になると思いますよ」

 こちらも、手綱をとるのは全国リーディングトップの戸崎圭太騎手(59勝。5月29日現在)。とても軽くは扱えない。

 最後にもう一頭、忘れてはならいのが、レッドリヴェール(牝3歳)だ。

 オークスでは苦杯をなめたものの、牡馬、牝馬を含めて「世代ナンバー1」の呼び声が高いハープスター(牝3歳)と、勝ち負けを演じてきた実力の持ち主。ダービー挑戦はずいぶん前から想定していて、陣営が「勝算あり」と見込んでの出走だという。

「桜花賞(2着。4月13日/阪神・芝1600m)から、たっぷりと間隔をあけたことで、状態面はかなり上積みがあると聞いています。『伏兵』というより、『主役』級と見ていいのではないでしょうか」

 そう関西の専門紙記者も高く評価するレッドリヴェール。2007年のウオッカ以来、7ぶりの牝馬のダービー制覇があってもおかしくない。

新山藍朗●文 text by Niiyama Airo