日本ダービー特集(3)
トゥザワールド&トーセンスターダム編

 GI競走、それもサラブレッドにとって一生に一度のクラシックで、上位人気に推されるということは、非常に誇らしいことである。ただし、それはレース前までの話。それまでの過程と示してきた能力に、ファンがいかに高い評価を与えようとも、結果が出なければ、消長(しょうちょう)の激しい競馬界の歴史に名を残すことはできない。

 牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月20日/中山・芝2000m)、全国リーディングトレーナーのトップを争う池江泰寿調教師(5月27日現在、26勝で1位)は、同レースにトゥザワールド(牡3歳)とトーセンスターダム(牡3歳)の2頭の人気馬を送り込んだ。前者は、デビュー戦こそ2着に敗れたが、2戦目以降は4連勝を飾って1番人気に推された。後者は、デビュー以来無傷の3連勝で3番人気に支持されていた。しかし、結果は周知のとおり、2番人気のイスラボニータ(牡3歳)が外から伸びて戴冠。トゥザワールドは勝ち馬とともに見せ場を作ったが2着に敗れ、トーセンスターダムは本来の伸びを欠いて11着に沈んだ。

 トゥザワールドは、大外からふたつ目の17番枠からのスタート。ゲートが開いて、18番枠のウインフルブルーム(牡3歳)が先手をとる形になり、トゥザワールドはそれについていく形で3番手に続いた。

「外枠からポジションをとりにいったことで、少しハミ(※)を噛んで(力んで)いたところもありました」と、鞍上の川田雅将騎手は振り返ったが、それは想定の範囲内。道中は大きな不利もなく、先行するウインフルブルームを射程に入れつつ、4コーナーまでじっくり追い出しを持つと、外から追い上げてきたイスラボニータとともに直線を向いて一気にスパートした。

※馬の口に噛ませる棒状の金具。それが騎乗者の手綱につながっていて、騎手は手綱からハミを通じて馬を動かす。

 非の打ちどころのない完璧な組み立ての、正攻法の競馬だった。だが、イスラボニータの立ち回りは、完璧のその上をいっていた。

 レースを終えて、指揮官である池江調教師も脱帽。素直に勝者を称えた。

「こちら(トゥザワールド)も思いどおりの競馬ができました。しかし、終わってみれば、勝ち馬の力が一枚上でしたね。こちらが伸びようとすると、向こう(イスラボニータ)がもっと伸びた。スタート後は、武豊騎手(騎乗のトーセンスターダム)がうまくイスラボニータを内に閉じ込めたと思いましたが、(イスラボニータの)2コーナーでの外への出し方が絶妙でした」

 一方、トーセンスターダムは7番枠からスタート。トゥザワールドの後方、前から5、6番手の好位置につけたが、3コーナー付近で早々に鞍上の手応えが怪しくなった。池江調教師は敗因について、こう語った。

「3コーナー付近から内目の馬場がかなり悪かったので、そこから、走りが急激に別馬のようになってしまったね。もう、馬が戸惑ってしまって、まったく力を発揮できませんでした」

 馬場が問題だったとはいえ、無敗馬の初黒星としては、GIの大舞台だったことを差し引いても、印象の悪いものだった。

 しかし、池江調教師に悲観する様子はまったくなかった。

「2頭とも、最大目標はダービー(6月1日/東京・芝2400m)ですので。(イスラボニータに対して)トゥザワールドは距離が延びてもいい。トーセンスターダムも、もともとダービー向きと考えて、そこを大目標に置いていました。ダービーで馬場が酷(ひど)くならなければ......」

 決して、皐月賞を軽視しているわけではない。そこには、適性も含めたダービーへの明確な手応えと、最大目標に向けての意欲があった。

 遡(さかのぼ)れば、昨年の凱旋門賞でオルフェーヴルが2着に敗れた数日後、改めて池江調教師に話を聞く機会があった。その際、「今年の2歳(現3歳)でも、2400mぐらいの距離で期待している馬がいる」と語っていた。その中に、このトゥザワールドとトーセンスターダムも含まれていた。このことからも、「最大目標はダービー」という言葉が、皐月賞の結果を受けてのものではないことがわかる。

 2011年のダービー、のちに三冠馬(皐月賞、ダービー、菊花賞)となるオルフェーヴルの勝利で、池江調教師は史上最年少の"ダービートレーナー"となった。以来、毎年のように、管理馬をダービーで好走させている。池江調教師は、ダービーを戦う"肝"となるものをつかんでいるのかもしれない。ダービーをピークと考えたとき、特にトーセンスターダムの、きさらぎ賞(2月9日/京都・芝1800m)から皐月賞、そしてダービーという、ゆったりとしたローテーションは、明らかに積み重ねた経験の中で見出したものだろう。

 池江調教師が語っていたとおり、トゥザワールドとトーセンスターダムには、2400m戦に向けての血統面での後押しもある。トゥザワールドの父キングカメハメハ、トーセンスターダムの父ディープインパクトは、ともにダービー馬。とりわけ、ディープインパクトは、ここ2年連続で産駒がダービーを制している(2012年ディープブリランテ、2013年キズナ)。さらにトゥザワールドの母トゥザヴィクトリーは、オークス(東京・芝2400m)2着馬。トーセンスターダムの叔父には、天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制して、ジャパンカップ(東京・芝2400m)2着のトーセンジョーダンがいる。

 また、トゥザヴィクトリーは池江調教師が調教助手として、トーセンジョーダンは調教師として管理してきた馬。トゥザワールド、トーセンスターダムに通じる血統に携わってきた経験も大きなアドバンテージと言えるだろう。

「(ダービーに向けて)2頭とも思い描いたとおりにきています。仕上がりとしては十分。皐月賞よりも前進がありそう。体の張りも、ともによくなってきている。やはり、ダービーは最大目標ですので」

 1週前追い切りを終えて、改めてダービーへの手応えを語った池江調教師。

「ダービーは、何度だって勝ちたい」

 以前、そんなことを漏らしたことがあるが、それはダービーを勝った者だからこそ、発せられる言葉だ。迫る決戦の舞台。捲土重来を期す"ダービートレーナー"の手腕に注目したい。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu