チャゲアスとASKAの商品回収、全楽曲・映像のデジタル配信も停止へ。

写真拡大

人気デュオ・CHAGE and ASKAASKAが覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで5月17日に逮捕されたことを受け、所属レコード会社のユニバーサルミュージックは今後の対応を決定。CHAGE and ASKAとASKA名義のCD、映像作品すべてを出荷停止にした上で、可能な限り回収すると発表した。

公式サイトに掲載された「ASKAの逮捕に伴う当社の対応について」では、「CHAGE and ASKA、及びASKAと当社との間の専属契約は既に終了しており、当社は、CHAGE and ASKA、及びASKAの商品に対して、商品ごとに製造権、販売権、或いは非独占的な配信権のみを有する状態」と状況を説明。その上で、「今回の逮捕はその容疑内容、反社会的性質等、その影響の大きさに鑑みて、決して看過できるものではなく、厳正な措置を以って臨むべきとの判断に至りました」と、対応の内容を明かした。

その内容は「関連契約の解約または停止」「CD/映像商品 全タイトルの出荷停止」「CD/映像商品の回収(契約上、当社において回収可能なもの)」「全楽曲・映像のデジタル配信停止」としている。

また、「アーティストとしてのASKAの功績は疑い得ず、当社としても苦渋の判断ではありましたが、社会の中で活動する企業としてコンプライアンスを重視すべき立場から、熟慮した上での決定です」とファンに理解を求めた。