『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第34回

クラシック一冠目の皐月賞に挑んだディープブリランテ。好スタートを切った同馬は、前走と同様、1コーナーの入り口で激しく行きたがる素振りを見せた。戦前の不安が現実となる中、ディープブリランテの生産者・パカパカファームのスタッフは、どんな思いでこのレースを見届けていたのか――。

 パカパカファームの生産馬、ディープブリランテが出走した2012年の皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)。スタート後、メイショウカドマツとゼロスの激しい先手争いが繰り広げられる中、ディープブリランテは離れた3番手で追走した。

 2頭の逃げ争いにより、前半1000mは59.1秒と速いペースとなった。だが、その流れの中でも、ディープブリランテはスタートから頭を上げ、『もっと前に行きたい』という意思を盛んに示した。前走のスプリングS(2012年3月18日/中山・芝1800m)で見せたかかり癖を、ここでも露呈してしまったのだ。

 中山競馬場に訪れていたパカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏は、この姿を見て、厳しい戦いになることを予想した。

「ディープブリランテは、どうしても『(レースで)リラックスできない馬なんだ』と感じましたね。つまり、前走で引っかかったのは偶然ではない。おそらく何度やっても、同じように引っかかってしまうのだ、と。こうなると、さすがに勝利するのは難しくなります」

 一方、同じく競馬場でレースを観戦していたパカパカファームのフォーリングマネージャー(生産担当)伊藤貴弘氏は、行きたがるディープブリランテを目の当たりにしても、勝利への望みは捨てていなかったという。

「スタート後、多少かかってはいましたが、レース運び自体はスムーズで、3コーナー付近を迎えたときの手応えも十分でした。また、有力馬たちはかなり後ろの位置取りだったので、これなら『行けるかも』と思いましたね。強敵と見ていたワールドエースは大外を回していましたし、押し切れるような気がしました」

 伊藤氏の言葉どおり、ディープブリランテは前半で引っかかりながらも、3コーナーから徐々に進出。十分に優勝を狙えそうなレース運びで、最終コーナーを迎えた。

 このとき、1番人気のグランデッツァと、2番人気のワールドエースは、後方から大外を回って加速。当日の芝コースは水分を含んだ「やや重」であり、各馬は芝の荒れたインコースを避けて、外側へと進路を取っていた。そして、その馬群の一番外側を走っていたのが、人気上位の2頭だった。

 多くのファンが、アウトコースを回る有力馬を見ていた最終コーナー。その中で1頭だけ、誰もいないインコースを猛然と追い上げる馬がいた。4番人気のゴールドシップだ。

 前半は最後方にいたゴールドシップだが、3コーナーで内に潜り込むと一気にスパート。荒れた馬場をもろともせず、距離ロスのないインコースを通って、一気に内から抜け出した。伊藤氏も、この展開には驚いたという。

「レースではずっと外のブリランテを見ていました。ワールドエースが大外から迫ってきたので、『何とかがんばってくれ』と。そしたらいつの間にか、最内からゴールドシップが先頭に立っていて......。『どこから来たんだろう』という印象でしたね」

 結局、インコースを一気に抜けたゴールドシップがそのまま1着。対照的に大外を追い上げたワールドエースが2着だった。ディープブリランテは直線で先頭争いを演じるも、最後にワールドエースに交わされて3着。残念な敗戦ではあったが、伊藤氏は「やり切った」という思いのほうが強かったという。

「ディープブリランテはまたもかかってしまいましたが、それでも力は出し切れたと思いました。後方待機の2頭が1、2着を占める中、先行しながら3着に粘るのは、馬自身の能力がないとできないことですから。スタッフみんなも、レース直後こそ落ち込んでいましたが、『(ディープブリランテは)よくがんばったよね』と口々に言っていました」

 だが、スウィーニィ氏だけは、敗戦への悔しさを隠し切れなかった。

「皐月賞で3着ですから、これは素晴らしい善戦。ディープブリランテの実力は確かです。それでも、負けたことに変わりはありません。たとえその差がわずかであっても、1着と2着以下では、その後の評価が大きく変わってしまうのがサラブレッドの世界。ディープブリランテは強い馬だと思っていたからこそ、なかなか勝てない状況にもどかしさを感じていました」

 皐月賞のあと、ディープブリランテは二冠目の日本ダービー(2012年5月27日/東京・芝2400m)へ向かうこととなった。このローテーションは当初からの既定路線。陣営にとっては「予定どおり」の判断だったが、そこでもスウィーニィ氏の意見だけは違った。皐月賞から距離が400m延びる日本ダービーよりも、逆に400m距離が短縮されるNHKマイルカップ(2012年5月6日/東京・芝1600m)への参戦を望んだという。

「ディープブリランテは能力があるけれども、ダービーを勝つイメージが浮かびませんでした。距離が長くなるダービーでは、周りのペースが遅くなり、さらにリラックスするのが難しくなりますから。でも、NHKマイルカップなら違います。距離が短くなればペースが速くなりますから、その流れの中でリラックスできるかもしれません」

 このような理由から、"距離短縮"を希望したスウィーニィ氏。とはいえ、競走馬は馬主に引き取られた時点で、生産者の所有馬ではなくなる。ディープブリランテの次走についても、スウィーニィ氏に権限があるわけではなかった。

「レースの選択や作戦について、私が口を挟む立場ではありません。もちろんそれはよくわかっています。でも、このときはつい熱くなってしまいました。(ディープブリランテを購入した)ノーザンファームを訪れた際には、スタッフの方々に路線を変更すべきだとアピールしましたし、(ディープブリランテの管理調教師である)矢作(芳人)さんには、『NHKマイルカップに行きましょう』と進言しました(笑)。つまりそのくらい、ディープブリランテにGIを勝ってほしかったんです」

 当時、このような主張をしていたのは、決してスウィーニィ氏だけではなかった。同じような声はいくつか挙がっていた。それでも陣営は、あくまで日本ダービーへの挑戦を貫いた。

 決戦は、皐月賞から1カ月半後の東京競馬場。次回は、日本ダービーまでのパカパカファームの日々を追いかける。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara