食べるだけで心を癒してくれる! 6つの癒し系フード

写真拡大

疲れているときに元気とパワーを与えてくれるのが癒し系フード。癒し系フードは栄養がたっぷり含まれているので、心身ともに疲労を回復する効果があります。今日は、心を癒してくれるオススメの癒し系フードを6品ご紹介します。

ブイヨンスープ

ブイヨンスープは、好きな野菜を鍋にいれてグツグツ煮るだけでお手軽につくれちゃううえに、栄養がたっぷり! ブイヨンスープは6時間以上または一晩寝かせると旨味が増してさらに美味しくできあがります。ブイヨンスープは栄養を消化、吸収しやすく、また体内の水分補給にもピッタリです。

エクストラバージン・ココナッツオイル

ココナッツオイルに含まれているラウリン酸は、母乳にも含まれている成分として知られています。赤ちゃんを病気から守ってくれるラウリン酸は、実は大人の身体にも効果があります。ラウリン酸は免疫力を高める働きがあり、風邪やインフルエンザの予防に効果的です。また、ココナッツオイルはエネルギーとして効率よく燃焼し、代謝を促進する効果があります。

リンゴ酢

シードルを発酵させてつくるリンゴ酢。リンゴ酢はカリウムをはじめとするミネラル、ビタミン、抗酸化物質、アミノ酸を豊富に含んでいるため、疲労回復に効果的です。また豊富なカリウムが塩分を排出してくれるのでむくみの改善にも効果を発揮します。一般的にリンゴ酢の瓶に光を当てたときに中身が濁っている方が、成分調整をしていない自然度の高いリンゴ酢といわれています。

シナモン

シナモンには、身体を温めて精神を安定させる効果があります。また、シナモンの強力な抗菌作用は、風邪やインフルエンザから身体を守ってくれる働きがあります。シナモンは、栄養を吸収しやすい起床時に、朝食のシリアルやスムージーなどに混ぜて摂取するのがオススメです。

レモン

クエン酸を豊富に含むレモンは、体内でエネルギーとなるため、疲労を回復する効果があります。また、豊富なビタミンCは免疫力をアップさせるだけでなく、お肌のトラブル改善にも効果を発揮してくれます。レモンを選ぶときのポイントはその重さ。レモンは、ある程度重みのあるものが良質といわれています。

フレッシュジュース

豊富なミネラル、ビタミン、抗酸化物質で元気を与えてくれるフレッシュジュース。消化をよくし、体内にできるだけ多くの栄養を取り込むためには、野菜&フルーツを少量の水でミキサーにかけるのがオススメ。ヨーグルトや牛乳などを混ぜ合わせると消化、吸収の妨げになってしまいます。とくに、ホウレン草、きゅうり、セロリ、リンゴ、ショウガ、レモンはフレッシュジュースレシピにオススメしたい食材です。