5月4日に行なわれるGI天皇賞・春(京都・芝3200m)。「春の盾」と呼ばれる伝統の一戦において、今年その主役を務めるのは、昨年のダービー馬である4歳のキズナ(父ディープインパクト)だ。前哨戦の大阪杯(4月6日/阪神・芝2000m)を圧巻の末脚で制した同馬は、昨年よりさらにパワーアップした印象。優勝からもっとも近い位置にいることは間違いない。

 ただし、そのキズナに「待った」をかける強敵もそろった。「打倒キズナ」として浮かび上がるのは、5、6歳世代の実力馬3頭だ。

 5歳世代でもっとも有力なのは、GI4勝のゴールドシップ(父ステイゴールド)だろう。昨年後半は不調にあえいだが、前走の阪神大賞典(3月23日/阪神・芝3000m)では、2番手から一気に突き放す競馬で圧勝。レース中は行きたがるほどの前向きさを見せ、直線ではかつてない反応の良さを披露した。ブリンカーの着用や、調教の騎乗者を頻繁に替えるなど、陣営が行なってきた「ゴールドシップのやる気を引き出す工夫」が結実したと言える。

 天皇賞・春では、前走でコンビを組んだ岩田康誠騎手からウィリアムズ騎手に再び乗り変わりとなる。同じ騎手が乗り続けると、徐々にズルさを見せて動かなくなるゴールドシップ。それだけに、この乗り替わりもマイナス材料とは言い切れないだろう。キズナと戦う態勢は整った。

 もう一頭、5歳世代で忘れてはいけないのが、昨年の覇者フェノーメノ(父ステイゴールド)。前走の日経賞(3月29日/中山・芝2500m)は5着に敗れたものの、9カ月の休み明けだった。良化してくるのは間違いなく、状態や展開次第では連覇を達成してもおかしくない。

 これら2頭の5歳馬も強力だが、「打倒キズナ」の筆頭格と思われるのは、6歳のウインバリアシオン(父ハーツクライ)だ。

 競走馬にとって、致命傷とされるケガのひとつに「屈腱炎(くっけんえん※)」がある。ウインバリアシオンは今から約2年前、4歳の夏にその屈腱炎を発症し、およそ1年半にもおよぶ長期休養を強いられた。

※競走馬の脚部、主に前肢に発生する病。完治しにくい病気で、再発しやすく、競走馬の「不治の病」と呼ばれる。

 ウインバリアシオンといえば、2011年の日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)や、菊花賞(10月23日/京都・芝3000m)で、同世代の三冠馬オルフェーヴルの2着となった実績馬。その後、古馬との対戦ではなかなか勝ち切れなかったものの、GI戦線で主役を務められるだけの能力は備えていた。経験を重ねることで、徐々に成長の跡も見せていたと言える。そして、まもなく飛躍を迎えそうなときに、屈腱炎を発症した。

 1年半のブランク、それも屈腱炎によるものとなれば、たとえケガが癒(い)えても、かつての走りを取り戻すのは簡単ではない。過去にも、多くの実績馬が復帰しながら、以前のような輝きを取り戻せぬまま、消えていった。

 ゆえに、ウインバリアシオンの復帰も、多くのファンが静観した。復帰戦となった金鯱賞(2013年11月30日/中京・芝2000m)では、8番人気の低評価だった。だが、ウインバリアシオンは周囲の評価に反発。いきなり3着と好走した。さらに、続くGI有馬記念(12月22日/中山・芝2500m)では、オルフェーヴルの2着に入り、ライバルの引退に華を添えたのだった。

 屈腱炎を患(わずら)ったウインバリアシオンが療養していたのは、ノーザンファーム空港牧場。同牧場の厩舎長を務める大木誠司氏も、復帰してからの走りには目を見張ったという。

「復帰戦の金鯱賞は、『まずは無事に回ってきてほしい』という思いで見ていました。ですから、3着まで追い上げてきたときは驚きましたね。ただし、ウインバリアシオンがこちらに来たとき、屈腱炎としては脚の腫(は)れが非常に少なく、症状は軽度だったんです。それを見て、おそらく競走能力に影響は出ないだろうと考えていました。回復も至って順調で、予定よりも早くトレセンに戻せたほど。復帰してすぐいい走りができたのは、このあたりの要因が大きいと思います」

 屈腱炎を跳ね返し、かつての走りを取り戻したウインバリアシオン。同馬がさらに周囲を驚かせたのは、復帰3走目となった日経賞の圧勝劇だ。

 後方に待機していたウインバリアシオンは、3コーナー12番手から軽く仕掛けると、直線入口では早くも先頭に立って、そのまま突き放してしまったのだ。他馬を子ども扱いにしたそのレースぶりには、もはや休養前を超える「凄み」が備わっていた。

「デビュー前からウインバリアシオンに携わっていましたが、その頃からこの馬が完成するのは古馬になってからだと思っていました。実際、ケガで休んでいる間に背は伸びて、体の幅も出てきた印象です。また、屈腱炎の症状が軽かったことから、休養中も適度に負荷をかけられたのもよかったと思います。普通は、休んでいる間に筋力や心肺機能が衰えてしまうのですが、それは避けられました。そう考えると、この休養が成長を促す期間になった部分はあるかもしれません」(大木氏)

 父ハーツクライは、4歳秋に急成長してディープインパクトを負かし、海外GIも勝利した。また、ウインバリアシオンと同じハーツクライ産駒のジャスタウェイ(牡5歳)は、昨秋から大変身。GIIやGIIIであと一歩詰められなかった姿はどこかに消え、GI天皇賞・秋(2013年10月27日/東京・芝2000m)、海外GIのドバイデューティフリー(3月29日/メイダン・芝1800m)と、いずれも圧勝を決めている。ウインバリアシオンも例にもれず、大変身を遂げている可能性はある。

 数々の競走馬を見てきた大木氏でも、「屈腱炎を経て、さらに強くなる馬は珍しい」と言う。その成長の背景にあるのは父の遺伝子か。それとも、オルフェーヴルの影を追い続けたライバルの意地か。いずれにせよ、この週末の決戦は、その成長を証明する舞台となる。

河合力●文 text by Kawai Chikara