昨年の日本ダービー(2013年5月26日/東京・芝2400m)を制したキズナ(牡4歳)。凱旋門賞(2013年10月6日/フランス・芝2400m)で4着と奮闘したあと、国内復帰戦となったのは、4月6日の大阪杯(阪神・芝2000m)だった。

 天皇賞・春(5月4日/京都・芝3200m)や、その先に見定めた凱旋門賞(10月5日)再挑戦に向けての4歳初戦。キズナの他にも、同世代の菊花賞馬エピファネイア(牡4歳)や、昨年の牝馬GIを3勝(オークス、秋華賞、エリザベス女王杯)したメイショウマンボ(牝4歳)など、一線級が顔をそろえたが、終わってみれば、キズナの強さばかりが目立ったレースとなった。

 カレンミロティック(せん6歳)とトウカイパラダイス(牡7歳)が引っ張った平均ペースの前半。キズナは最後方でじっくりと構えていた。3、4コーナーを迎えてエピファネイアが仕掛けると、ひと呼吸置いてから動き出したキズナ。そこから、直線でもたつくエピファネイアをあっさりかわし、抜け出していたトウカイパラダイスも楽にとらえた。その末脚は、搾り出すようなスピードではなく、大きなストライドで、ゴールを過ぎてもどこまでも伸びていきそうな迫力があった。

 レース後半の1000mのラップが59秒8だったのに対して、キズナ自身が刻んだ後半1000mのタイムは推定57秒2。200m毎のラップはすべて11秒台のロングスパートだったのだ。これまで2400mまでの距離しか経験していないキズナだが、この走りから、3200mの天皇賞・春で要求されるスタミナ面の不安も一掃されたと言えるのではないだろうか。

「(凱旋門賞が行なわれた)ロンシャンのタフな馬場でも、あれだけ長く脚を使って、ズルズルと下がることなく、最後まで上位争いを演じた馬。距離がもたないわけがないと思っています」

 キズナを管理する佐々木晶三調教師は、昨年の凱旋門賞におけるレースぶりを引き合いに出して、天皇賞・春への手応えを口にした。確かに凱旋門賞では、勝ち馬トレヴ(当時、牝3歳/フランス)にこそ差をつけられたものの、オルフェーヴル(2着)よりも先に仕掛けて、同馬とは差のない4着に踏ん張った。そのレース内容は、後方から強襲したダービーとはまた違う強さを感じさせるものだった。

 さらに、大阪杯で目を見張ったのは、馬体の充実ぶりだ。馬体重は、昨年のダービー時より20kg増の498kg。それでいて、無駄な肉はほとんどなかった。ダービーからフランス遠征を経て心身ともに成長し、休養中に一段とたくましさが増したことは明らかだ。それには、佐々木調教師も大きく頷(うなず)いた。

「フランスから帰国して、ここまでの間に(キズナは)ふた回りは大きくなりました。レース直前の調教に乗った武豊騎手も『2段階、パワーアップしていますね』と言っていたので、馬体の成長がそのままパワーアップにつながっていることは間違いありません」

 そして、大阪杯でその片鱗を存分に披露。ステップレースとしては、佐々木調教師も大いに満足していると思われたが、こちらの考えていたトーンとはやや違った。大阪杯の狙いそのものが"試走"ではなかったというのだ。

「GIIの大阪杯だからといって、トライアルとか、ひと叩きとか、そういう意識は持っていません。(レースに)出すからには、全部勝つつもり。凱旋門賞も、大阪杯も、その点では違いはないんですよ。日本ダービー馬ですから、そうでないといけない」

"ダービー馬"という称号への強いプライド――。

 ゆえに、昨年末の有馬記念(12月22日/中山・芝2500m)出走も断念した。使おうと思えば使えたが、中途半端な状態ではオルフェーヴルには絶対に勝てないと思っていたからだ。佐々木調教師が振り返る。

「(有馬記念に)出走すれば、JRAも、ファンのみなさんも喜んでくれたかもしれない。でも、そこでいい走りを見せられないようなダービー馬ならば、結果的にファンのみなさんをがっかりさせてしまいます。オルフェーヴルに勝つには、完璧な状態でないと難しいですから。それで、(レースに)出すべきではないと思って、回避を決断しました。結果的に、有馬記念を自重したことが、馬体の成長にもプラスに作用したので、決断としてはよかったと思っています」

 キズナを語るうえで"勇気ある撤退"というのは、欠かせないキーワードである。

 3歳春、早くからクラシック候補と呼ばれながら、弥生賞(2013年3月3日/中山・芝2000m)で5着に敗れたのを機に、三冠初戦の皐月賞回避を決断。早々に標準をダービーに定めて、毎日杯(2013年3月23日/阪神・芝1800m)、京都新聞杯(2013年5月4日/京都・芝2200m)に駒を進め、見事連勝してダービーに向かったのだ。

 そうして得た"ダービー馬"の称号だからこそ、佐々木調教師は強い矜持(きょうじ)を持つ。それゆえの「全勝宣言」でもある。

「(キズナは)ダービー馬であって、昨年の最優秀3歳牡馬。だから、いくら休み明けとはいえ、大阪杯で2番人気だったのいうのは、ちょっと失礼じゃないかと思いましたね」

 決して過信ではなく、佐々木調教師には確固たる自信があるのだ。キズナに関しては、「不安がまったくなく、レースを迎えられるのが楽しい」とまで言う。

「これまで、タップダンスシチー(GI2勝=2003年ジャパンカップ、2004年宝塚記念)やアーネストリー(GI1勝=2011年宝塚記念)など、どの馬も完璧な状態でレースに臨んでも、どこかしら、不安に思う気持ちや、気負うところがありました。ですが、今のキズナにはまったくそういうものがないし、(レースを迎えても)緊張しない。実際にレースでも思ったとおりに走ってくれるのを見ていて、むしろ僕自身があの馬(キズナ)のファンになっているくらいです。こういう思いをさせてくれる馬はなかなかいない、というか、初めてです。(天皇賞・春では)ゴールドシップ(牡5歳)やウインバリアシオン(牡6歳)など、とても強い相手がそろっています。それでも、不安はありません」

 佐々木調教師の視線の先には、もちろん最大のターゲットとなる凱旋門賞への再挑戦がある。だが、日本で出走するすべてのレースにおいて、そこへ向けてのステップという気は毛頭ない。今や、プライドと信頼で結ばれた愛馬"キズナ"が、難なく「盾(天皇賞の通称)獲り」を果たす姿しか思い描いていないだろう。

土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu