会社や旅行などで家を離れる時に、置いていった猫が気になったりしませんか。今回紹介するのは、iPhoneやAndroidスマートフォンを使って、家に置いてきた猫と外出先からも遊ぶことできる「Kittyo」です。
 

最初の1時間で目標額を達成!

この猫と外出先からでも遊べる装置「kittyo」は、4月22日にKickstarterでキャンペーンを始めました。その1時間後に目標額として設定した$30,000(日本円で3,064,500円)を超え、1日で約3倍もの$90,000を達成しています。それ以降も順調に増え、4月26日19:00時点では$175,275(日本円で17,904,341円)に達しています。
 
この結果を見て、Kittyoプロジェクトのクリエイティブ・ディレクター、Lee Miller氏は「世界中の愛猫家に、Kittyoが渡ることを考えると興奮する。」とコメントを残しています。

でもどうやって猫と遊ぶの?

猫を飼われている方は、一度ぐらいレーザーポインターを試されたことがないでしょうか。このレーザーポインターのポイント部分は、猫を異常なまでに惹き付けます。KittyoはこのレーザーポインターをiPhoneから自由に操作できるようにしたのです。またiPhoneにはKittyoがとらえた映像も一緒に送られてくるので、画面を見ながら遊んであげることができるのです。
 

 

設置も簡単、操作も簡単

Kittyoは猫が猫パンチでKittyoを倒してしまうことを考えて、棚や壁に取り付けられるようにするための金具も一緒に設計されているそうです。
 
kittyo_settings
これで万が一倒されるということはなくなります。操作についてはiPhoneで専用アプリをダウンロードして使うだけです。レーザーポインターで遊んであげたり、大好物の餌をセットしておけば餌をあげることだってできます。スピーカーが内蔵されているので、飼い主さんの声を聞かせてあげることも可能です。
 
kittyo_appli_control
このKittyoは、5月24日までが資金調達期間となっています。まだまだこの勢いで行けば、相当な金額が集まることでしょう。後は製品化され発売される時が待ち遠しいです。
 
KickstarterでKittyoを入手可能となる資金受け付けは、99ドル(10,112円)、119ドル(12,155円)、139ドル(14,199円)の3コースが用意されていますが、99ドルのコースは定員の1,000名に達したため締め切られています。
 
なお、アメリカ国外への発送には25ドル(2,554円)の送料が別途必要です。
 
筆者も猫を飼っているのですが、ちょっぴり太ってます。その子のためにもこのKittyoはぜひ欲しいですね。外出先から常に運動させたりできるので、猫のダイエットにも一役買ってくれそうな気がします。まだまだ製品化や日本国内での販売については不明ですが、非常に楽しみな一品ですね。
 
 
参照元:Kickstarter
執 筆:KSM