攻撃的サッカー。それをどう定義するのかは難しいところだが、さしずめバルセロナのようなショートパス主体のポゼッションサッカーを指すとするなら、現在のJ1で最も優れた攻撃サッカーの使い手は、川崎フロンターレで間違いない。

 ピッチ上の各選手が「パスを出して動く」を繰り返すことで、おもしろいようにパスがつながる。相手が少々守備を固めたとしても90分かけてジワジワと締めあげ、最終的にはゴールを奪ってしまう強さが、今の川崎にはある。

 昨季序盤は、パスを回すばかりでなかなかシュートにつなげられない時期もあったが、そうした課題も完全にクリア。前節(第7節)終了時点で、チーム総得点16はJ1トップの数字である。

 キャプテンの中村憲剛は「主にシュートを打つのは(大久保)嘉人とレナトだけど」と笑いながらも、「(ほかの選手も、パスを回すだけでなく)シュートを打つ場所が分かるようになってきた。(得点する)"雰囲気"が出てきた」と語る。

 第5節で対戦した名古屋グランパスの西野朗監督は、0−1の惜敗にもお手上げといった体でこんなことを話している。

「あらためてポゼッションスタイルの優位性を感じた。粘り強くディフェンスしていたが、あれだけボールを動かされれば失点は仕方がない。かなりやれたと思うが、フロンターレはそれ以上のポゼッションだった」

 そんな川崎があらためて底力とでも言うべき強さを見せつけたのは、前節の柏レイソル戦だった。

 川崎はMF大島僚太、レナト、FW小林悠と主力3人をケガで欠く苦しい布陣。しかも、試合開始わずか5分で先制点を許したことで、「相手は守ってカウンターを狙うという戦い方が鮮明になった」(中村)。

 不慣れなメンバーがピッチに立ったこともあって、前半の川崎の出来はかなり悪かった。中村も「ここ数試合やっていたような、ボールホルダーに(周りの選手が)顔を出す動きが圧倒的に少なかった。(選手同士の)距離感が悪かった」と振り返る。

 だが、後半に入り、中村がボランチからトップ下へとポジションを1列上げ、さらにMF金久保順が投入されるとパスがテンポよくつながるようになり、流れは川崎へと傾く。そして迎えた73分、中村のスルーパスがDFラインの背後へ飛び出したMF山本真希へ通り、同点ゴールが生まれた。殊勲の山本が語る。

「前半は本来の姿じゃないと全員分かっていた。ここ何試合かは相手を圧倒して勝っているので(追いつける)自信はあった」

 中村が「もったいないゲーム」と開口一番振り返ったように、結果は1−1の引き分け。同点ゴールの後もさらに攻め続けながら逆転することはできなかったが、しかし、メンバー構成や試合展開を考えれば、むしろ「川崎強し」を印象づけた試合だった。

 中村も「これだけケガ人が出て、新しい選手が試合に出るなかで勝ち点1は悪くない」と語り、こう続けた。

「前半はパスが相手に引っ掛かり、消極的になっていた。(ボールを)もらいにいく動作や勇気がなかった。相手が『ここに出すのか?』と思うようなところにパスを出せるかどうか。それは自分たち次第。できるかできないかじゃなく、やるかやらないか、だと思う」

 悪い内容なりに手応えを得たのは、指揮官も同じだ。風間八宏監督は言う。

「同じ選手で長くやっていると、メンバーが変わったときにテンポや判断の速さに違いが出るので、攻撃のリズムが少し変わってしまう。だが、試合のなかでやっていかないとうまくならない。彼ら(控えの選手)が体感できたことは大きい。金久保は短い時間でも積極的に(相手の守備ブロックの)中に入っていったし、私のなかではいい感触を得ている」

 負傷者続出の状況も、それを逆手に取るかのように、「(チーム全体の力を)底上げしていくチャンス」と風間監督。指揮官はメンバーばかりか意図的にポジションも入れ替え、さまざまな可能性を探ることで、チームをさらにバージョンアップさせようと企てている。

 Jリーグ屈指のポゼッションサッカーが今後、どんな変化を見せ、どこまで強くなるのか。要注目である。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki