熊本県民の脳内をチェック!

写真拡大

北海道から沖縄までタテに細長いニッポン。気候も違えば人々の性格も違い、価値観はもちろん、相性さえも変わる。脈々と形成され、遺伝する出身県DNA。ここでは、47都道府県民それぞれの性格を大解剖。

■九州中央の農業県は頑固で強情な、「肥後もっこす」気質

気性が激しく、へそ曲がり。しかも頑固で強情っ張りの熊本県人。「肥後もっこす」と言われる性格は、何が何でも反論し、たとえ間違っていても自分の意見を押しとおす気質のこと。「肥後の議論倒れ」とも言われるほど、結論を出せなくても議論が大好きだ。まさに短気で感情的な「九州男児」そのものだが、意外と気の小さいところもあるのが特徴。競争心も強く、とくに恥やメンツにこだわる傾向もある。昔から土地が豊かだったため、保守的だが、新しいもの好きな一面もある。「俺が、俺が」の意識が強く、主流からはずれると、強烈な批判者に転身。ただし、激しい性格でも陰険ではないので、気のおけない付き合いが可能。

●良評

・さっぱりとした、男気のある人が多い(東京・男)
・みな、温厚で人あたりがとてもいい(秋田・男)

●悪評

・熊本人は、自分が世界の中心にいると思っていて傲慢(山梨・男)
・間違った価値観を押しつける傾向がある(新潟・女)

■上司――メンツにこだわる男上司。コツコツ真面目な女上司

●男上司

責任感が強く仕事にも情熱的に取り組み、部下を引っ張っていくパワーもある。ただし、メンツにこだわりすぎて、部下の意見には耳を貸さないところが。たとえ自分が間違っていても、決して認めようとしない独裁者型の上司もいるので注意。プライドを傷つけないように気を配り、常に立てておくこと。

●女上司

真面目にソツなく仕事をこなす人が多い。仕事に対するバイタリティもあるので、見ならうこと。新しい業務にも積極的なので、新規の提案をしてみるとよい。包容力はあるから、最初のうちはミスも大めに見てくれるが、図にのって甘えすぎるのは禁物。コツコツ真面目に仕事に取り組むこと。

■部下――大胆発想の男部下。自立志向の強い女部下

●男部下

仕事に対しては全力で遂行するが、気まぐれな部分もあるのが難点。納得してからでないと動き出さないタイプ。しかし、大胆な発想と行動力を持っている貴重な逸材だ。スケールの大きな戦力に育てられるかは、上司の腕次第。納得しないと全力投球しないので、きちんと説明しながら動かすこと。

●女部下

最近は控えめで忍耐強いタイプより、自立志向の強い女性が多数派に。明るく活発で、好き嫌いもハッキリしているのが特徴。気が強く、頑固で、情熱的で負けず嫌い。ソツがなく、些細なことを気にしないおうようさも。粘り強さや協調性に欠けるのが難点。プレッシャーをかけると実力を発揮。

■取引先――感情表現がストレートな顧客。カッとせずに、待つのが得策

熊本の顧客は、感情を抑えることがヘタな性分。損することが目に見えていても、腹の内に思っていることをズケズケ言うこともしばしば。そんなときは嵐がやむのを待つに限る。また、納得しないと縦のものを横にもしないので、こちらの意思をていねいに伝えることが必要。あとは、時間をかけて信用を得ること。ヘソを曲げると、なかなか元に戻らないので注意。ただし、一度決めたら、最後まで通してくれるのであとはラクだ。

●営業ポイント

1. ズケズケ言われても、怒って反論はするな
2. ていねいな意思伝達がカギ
3. じっくりと信用を勝ち取れ

■恋愛――独占欲の強い熊本男。積極的な熊本女

陽気で裏表がない、熊本の男性。ほれると情熱的に口説くタイプ。ただし、嫉妬深く独占欲が強いわりに、移り気で浮気性なのは覚悟すること。気を持たせながら攻めるとよい。男尊女卑の風潮の名残で、結婚後は亭主関白になりがちに。女性で、控えめなタイプの人は、恋愛にも慎重で受け身型が多い。自立志向の強いタイプなら、恋愛にも積極的だが結婚には慎重だ。どちらも頑固なので、「嫌い」と言われたらサッサと身を引くのがいちばん。

●口説きポイント

1. 熊本男には、気を持たせるのが効果的
2. 亭主関白、浮気を覚悟せよ
3. 嫌われたら、すぐに諦めよ

----------

●相性の良い県[1]福岡県[2]佐賀県[3]長崎県
●相性の悪い県[1]北海道[2]静岡県[3]沖縄県
●男性[リーダーシップ度]★★★★☆[真面目度]★★★☆☆[創造性度]★★★☆☆
[恋愛上手度]★★★☆☆
●女性[リーダーシップ度]★★★★☆[真面目度]★★☆☆☆[創造性度]★★★☆☆
[恋愛上手度]★★★☆☆
●熊本県データ[総面積]7405平方キロメートル[人口]181万人
[人口1人あたり所得]216万円/年[主要産業]農・林産業[金持ち度]★★☆☆☆

----------

※各都道府県・県民性大図鑑内データについて
○「人口1人あたり所得」…内閣府「県民経済計算」(2009年)より
○「金持ち度」…男性が遊興費に使用できる額の平均から算出