ドラマチック春競馬(7)

競馬キャスター、コメンテーターとして幾多の名レースを見てきた鈴木淑子氏。競馬中継の番組司会をきっかけに大の競馬好きとなった彼女に、春クラシックにおける「思い出の名馬」について語ってもらった。

 私が競馬と関わり始めたのは、1983年の3月。フジテレビが放送する競馬中継の司会をすることになったのがきっかけでした。今でこそ、日々サラブレッドを追い続けている私ですが(笑)、その頃はまったく競馬の知識がない状態。レースを見ながら、いろいろなことを学んでいく毎日でしたね。

 それから今日に至るまで、春のクラシックでは多くのドラマを目の当たりにしてきました。そのなかでも、私にとって印象深いのは、やはり競馬歴のスタートとなった、1983年のクラシックなんです。

 1983年のクラシックは、なんといってもミスターシービーの三冠(皐月賞、ダービー、菊花賞)制覇に沸きました。シンザン以来、19年ぶりとなった偉業達成を見られたことや、初めて司会をした日にミスターシービーが弥生賞を勝ったことなどから、今も忘れられない一頭です。

 そしてもう一頭、その年のクラシックで記憶に残っている馬がいます。それは、同年のオークス(東京・芝2400m)を勝った牝馬のダイナカールです。

 初めて見るオークスを前に、私は番組の担当者からこう教えてもらいました。
「オークスに出る3歳牝馬は、人間で言えば、まだ高校生くらい。オークスはその女の子たちが、2400mという"未知"の距離で競う過酷なレースなんだ」と。

 まだ自分も若かったものですから、その言葉を聞いて、レース前はいつも以上に緊張しましたね。同じ"女性"として、親近感がわいたんです(笑)

 そうして、スタートのときを迎えた1983年のオークス。レースはスムーズに運び、直線ではダイナカールとメジロハイネの2頭が叩き合う形になりました。優勝争いはこの2頭に絞られたかと思ったのですが、その後、さらに3頭が強襲。なんと5頭が横一線でゴールする展開になったのです。電光掲示板には、1着から5着まですべて「写真判定」の表示が出ました。

 写真判定の結果は、1着ダイナカール。2着のタイアオバとはわずかハナ差で、以下の着差も、5着のレインボーピットまでアタマ、ハナ、アタマという、稀(まれ)に見る大接戦でした。走破タイムも、上位5頭が2分30秒9の同タイム。これも、激戦ぶりを物語っていました。

 競馬中継に出演するようになってから、度々競馬の素晴らしさを知る機会がありましたが、このときは特に感動しましたね。2400mという過酷な距離を走りながら、最後は本当にわずかな差で勝負が決するんですから。

 しかもオークスは、サラブレッドにとって3歳のときにしか出られない一生に一度の晴れ舞台です。だからこそ、「なんというすごい"ドラマ"なんだろう」と痛感させられ、一生懸命走る馬たちの姿に心を打たれましたね。

 あのオークスの直後は、心の底から「みんな1着でいいのに」と思いましたが、やはりその大接戦を制したダイナカールは忘れられない馬になりました。オークス後もずっと応援し続けました。

 それから13年後の1996年、ダイナカールの娘であるエアグルーヴが、武豊騎手を背にオークスを勝利します。ダイナカールが引退したあとは、その子どもをずっと応援していたので、このときも本当に興奮しました。

 競馬を始めた年に大好きになったダイナカール。そしてその娘のエアグルーヴ。大好きな母娘がオークスを勝つ歴史的な瞬間を見られて、つくづく競馬って素晴らしいと思いました。当時のことを振り返るだけで涙が出てきそうです(笑)。

 エアグルーヴも、引退後は繁殖牝馬として活躍馬を多数輩出。この血脈は、今や日本の競馬を支えるほどに枝葉を広げています。そして、その繁栄の「根幹」にいる馬が、ダイナカールなんですよね。

 繁殖牝馬として成功するためには、現役時代の活躍も重要。タイトルを獲得している牝馬は、期待の種牡馬と配合される可能性が高いですから。そういった意味でも、あのオークスでのダイナカールのハナ差は、本当に大きかったと思います。その後の日本競馬にも影響を与えた"革命的なハナ差"と言えるかもしれません。そのようなことからも、1983年のオークスは忘れられない一戦です。

 春のクラシックを戦った牡馬にも、もちろん思い出深い馬はたくさんいます。その中で一頭挙げるとすれば、1991年に無敗で皐月賞と日本ダービーを制したトウカイテイオーですね。

 ダイナカールとエアグルーヴが母娘でオークスを勝ったように、父と子で日本ダービーを制するという物語は、競馬ならではの壮大なロマン。1984年の三冠馬シンボリルドルフを父に持つトウカイテイオーは、まさにその偉業を成し遂げた馬でした。

 しかも、シンボリルドルフもトウカイテイオーも、無敗で日本ダービーを制したのですからすごいですよね。

 現役時代のシンボリルドルフはレースぶりが完璧で、いつも堂々とした雰囲気。その呼び名通り、「皇帝」のオーラをまとった馬でした。対して、息子のトウカイテイオーは、惚れ惚れするほどカッコいい馬。前髪がサラサラしていて、『巨人の星』に出てくる花形満のような印象でしたね(笑)。トウカイテイオーは今でも私の「ベストルッキングホース」です。

 取材に行ったときのトウカイテイオーの姿もよく覚えています。いざカメラを回し始めると、トウカイテイオーはこちらの意図を察しているかのように、ピタッと止まってカメラ目線をしてくれるんですよね。そのときのトウカイテイオーは、「これでいいですか?」「もう十分ですか?」と言っているかのような表情なんです。思わず「やっぱりスターは、自分に求められていることがわかっているのね」なんて、考えてしまいました。

 そのトウカイテイオーは、日本ダービーでライバルをまったく寄せつけず、3馬身差の完勝。「無敗のダービー馬から無敗のダービー馬誕生」の瞬間、胸が熱くなりました。スタンドの盛り上がりもすごかったですし、空前にして絶後かもしれないと思ったあのシーンは、大切な宝物です。

 もしかしたら今年、その感動的なシーンが再び実現するかもしれません。無敗のダービー馬ディープインパクトを父に持つトーセンスターダムが無敗でクラシックに挑みます。はたしてどうなるか、それも楽しみです。

 涙なしでは語れないドラマを何度も見せてくれた春のクラシック。牡馬、牝馬ともに、今年も個性的な面々がそろいました。桜花賞、皐月賞からオークス、ダービーまで、見た人たちが何十年と忘れないような物語が生まれるといいですね。

鈴木淑子(すずき・よしこ)
東京都出身。OLを経験後、キャスターとしてデビュー。1983年からは競馬中継番組(フジテレビ)の司会者を務める。以来、競馬界のさまざまな分野で活躍。女性競馬ジャーナリストの第一人者として多くのファンに親しまれ、競馬メディア界では欠かせない存在となっている。

河合力●構成 text by Kawai Chikara