12日、RFI中国語版は記事「米メディア:中国が尖閣を占領すれば米軍が撃退する」を掲載した。米海兵隊日本駐留部隊トップが相手勢力が尖閣諸島に上陸しても海空の攻撃で排除が可能との見方を示した。資料写真。

写真拡大

2014年4月12日、RFI中国語版は記事「米メディア:中国が尖閣を占領すれば米軍が撃退する」を掲載した。

【その他の写真】

米軍準機関紙・星条旗新聞によると、米軍海兵隊の日本駐留部隊トップのウィスラー司令官は11日、記者との朝食会に出席。日中は互いに抑制するべきだと発言しつつも、現場の判断ミスから武力衝突に発展する可能性は否めないと指摘した。

その場合、米軍の力で尖閣諸島の奪還は可能だとの見方を示した。「尖閣諸島は小さな島々の集合体で、驚異の排除に兵士の上陸は必要ないのではないか」と指摘。海空の攻撃で相手方上陸部隊の排除が可能だとの見方を示した。ただし発言は具体的な軍事計画を明かすものではなく、単なる推測を語っただけとも付け加えている。

先日、ヘーゲル米国防長官が日本を訪問。小野寺五典防衛相と会談した際に、尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲内にあると言明し、米軍が防衛義務を負うとの立場を明確にした。(翻訳・編集/KT)