ドラマチック春競馬(3)

 ハープスター(牝3歳)、フォーエバーモア(牝3歳)とともに、「3強」の一角として桜花賞(4月13日/阪神・芝1600m)に向かうレッドリヴェール(牝3歳)。昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF。12月8日/阪神・芝1600m)を制し、無敗で桜のタイトルを狙う同馬のこれまでの軌跡は、まさに"驚き"の連続だった。

 その最たるものは、新馬戦の勝利からおよそ2カ月後に挑んだ、2戦目のGIII札幌2歳S(2013年8月31日/函館・芝1800m)だった。

 420kg台という小柄な馬体のレッドリヴェールは、レース直前に競馬場まで輸送すると、その負担によって馬体が減る懸念があった。そこで陣営は、レース前から競馬場に滞在でき、直前輸送の必要がない、この舞台を選んだ。

 にもかかわらず、レース当日、思わぬ落とし穴が待っていた。函館地方を襲った大雨だ。一日中降り続いたこの雨により、レース時の馬場はもっとも悪い状態を示す「不良」。それも、レースタイムは通常より10秒近く遅くなるほどの、極めて特殊な馬場になってしまったのである。

 多少の雨なら各馬の走法などがカギになるが、このときの馬場はそういう次元を超えた泥沼のような状態。とにかくパワーが必要とされた。言い換えれば、馬体の小さなレッドリヴェールには明らかにマイナス材料だった。正直、結果を求めるには、絶望的な状況だったと言える。が、レッドリヴェールは、そんな極悪馬場の一戦を快勝したのである。それも、牡馬を相手に。

 同馬を所有する東京ホースレーシングの佐伯昌道氏は、同レースをこう振り返った。

「(レッドリヴェールの)小さな馬体にはあまりに過酷な馬場コンディションで、しかもあのときのレッドリヴェールは後方の位置取り。当日は、先行した馬がそのまま残るレースが多かったので、『さすがにこれは厳しい』と思いました。それなのにあの馬は、後ろから唯一追い上げていって勝ったのですから、本当に驚きましたね。あの小さい身体で『どこからそんなパワーが出るのだろう......』という気持ちでした」

 レッドリヴェールがもたらした驚きは、まだ続く。札幌2歳Sから約3カ月の休養を挟んで直行した、阪神JFだ。

 2戦2勝、前走で"男馬"を負かして臨む、同世代牝馬との決戦。GIとはいえ、その実績からすれば、本来なら最有力候補の一頭として胸を張って挑める一戦だ。しかし佐伯氏は、「決して強気にはなれなかった」という。

「札幌2歳Sの馬場は、とにかく特殊。あのレースを勝ったとはいえ、レッドリヴェールが良馬場でどこまでやれるかはわかりませんでした。また、2戦目があれだけ過酷だったので、反動も心配でしたし、休み明けでいきなりのGIというのも、普通に考えればプラスではありません。加えて相手は、新潟でものすごい勝ち方をしたハープスター(GIII新潟2歳Sで牡馬相手に3馬身差の圧勝)。レッドリヴェールにとって、不安材料のほうが、頭の中で多く浮かんでいたのは事実です」

 さらに、レース当日のレッドリヴェールの馬体重は、前走から8kg減って418kg。休み明けでありながらマイナスとなったその馬体重は、どうしてもネガティブなイメージにつながった。それらの不安はファンも同様に感じていたのだろう、レッドリヴェールの評価は5番人気。戦績からすると、かなり低いものになった。

 だが、ここでもレッドリヴェールは、周囲の懸念を覆(くつがえ)す走りを見せた。先に抜け出したフォーエバーモアとの叩き合いを制すと、間を突いて猛然と追い込むハープスターをもわずかに抑え込んだのだ。ライバルが直線で進路を探すロスがあったとはいえ、不安を一掃したレッドリヴェールの走りは、紛れもなく本物だった。佐伯氏も、レッドリヴェールの秘めた能力には改めて脱帽したという。

「阪神JFを見て、この馬には一般的な常識が通用しないのかもしれないと思いました。馬体の細さや休み明けのローテーションなど、こちらの常識で考えて見てはいけないな、と。そういう不思議な馬なのかもしれません」

 そもそもレッドリヴェールは、母ディソサードが20歳という高齢で産んだ馬。「高齢出産の仔は活躍しない」という定説がある中で、この成績を積み上げてきた。おまけに、父ステイゴールドは、数多くの活躍馬を輩出しているものの、その多くは牡馬。牝馬の産駒でGIを獲ったのは、同馬が初めてだった。

 つまりレッドリヴェールは、「高齢出産の仔は活躍しない」「ステイゴールド産駒の牝馬は走らない」という競馬界の"ジンクス"までも打ち破ったと言える。まさに"意外性の馬"なのかもしれない。

 阪神JFを勝ったレッドリヴェールは、その後、レースを使わず休養。直行で桜花賞へと向かう。このような臨戦過程も異例中の異例だが、レッドリヴェールは、この常識さえ不問に付してしまうのだろう。佐伯氏が語る。

「休み明けでも関係なく全力を出せることは、札幌2歳Sと阪神JFで証明済みですからね。また、体の細い馬なので、レースに使い続けて馬体重を減らすより、フレッシュな状態でレースに出たほうが、むしろ好材料。そのような理由から、迷わずに直行のプランで調整してきました」

 桜花賞のあとは、牝馬同士のオークス(5月25日/東京・芝2400m)だけにとらわれず、日本ダービー(6月1日/東京・芝2400m)への参戦も視野に入れていると、佐伯氏は言う。

「ダービーは、オークスより1週間後の開催。レッドリヴェールは体の小さい馬ですし、これまで続けて使うということがなかったので、桜花賞からの馬体や疲労の回復が重要です。そういう意味で、1週とはいえ、より出走間隔が長くなるダービーも考えてはいるんですよ。ただ、これはあくまで選択肢のひとつ。『可能性もある』という話です。何より、まずは桜花賞でがんばってもらいたいですね」

 阪神JFで2着に敗れたハープスターは、前哨戦のチューリップ賞(3月8日/阪神・芝1600m)を楽勝。再度、ポテンシャルの高さを見せつけた。佐伯氏も「ハープスターは相当強いので、勝つのは簡単ではないと覚悟しています」と、最大のライバルには警戒を強めたが、周囲を驚かせ続けてきたレッドリヴェールなら、三度、逆境をはねのけてもおかしくない。

"意外性の馬"レッドリヴェール。大一番となる春のクラシックでは、我々にどんな"驚き"をもたらしてくれるのだろうか。

河合力●文 text by Kawai Chikara