おにぎり革命!?これからは「四角いおにぎり」がくる!!!

写真拡大 (全3枚)

みなさん、「おにぎり」といえばどんな形を思い浮かべますか? 三角形、もしくは丸型、俵型あたりでしょうか。しかし今注目を浴びているのはなんと四角形。「!?」とお思いかもしれませんが、どうしたものか、これがなかなか良いんです! これを読めばあなたもおにぎりを四角くせずにはいられないはず!!

おにぎりの定番中の定番・三角形は、もともとは関東が主流の握り方なのはご存知ですか。時代や地域によって定番が違っていたり、形に意味があったりと、実は奥深いおにぎりの形。そんな中、今ひそかに話題になっているのが、これまでの常識を打ち破った「四角いおにぎり」なんです!


おつつみ♪四角いおにぎり!

by キキkiki

母が考案した四角いおにぎりを紹介します。持ち運びにとても便利で、どこに持っていっても、必ず話題になってしまう面白いおにぎりなのです。



とりそぼろと卵のおにぎりサンド

by lunatomo

食べにくいそぼろも、ラップでサンドすれば、手が汚れなくて食べやすいです。
生姜の香りのとりそぼろおにぎりです。



四角いおにぎり、ここがスゴイ!!!!

話題になっている理由は、なんといっても、いいとこだらけだからなんです。


どこを食べても具がある




↑こんな風に具を入れます

三角おにぎりの場合、真ん中に具があるので最初の何口かは白いごはんになりますよね? 四角形なら具が端まで行き届くので、最初からおいしく食べられます。


持ち運びに便利

せっかくキレイな三角に握ったのに、カバンの中で潰れてイビツな形に…なんて経験は誰にでもあるのでは? これなら最初から平べったいので、その心配は無用。お弁当箱に重ねて一緒に包めばおさまりが良く、持ち運びもラクラク。


子どもでも食べやすい

平らなので子どもの小さな口でもスムーズに入り、三角より食べやすいそう。それに小さな手でも持ちやすいので途中で崩れにくく、食べこぼしが減るとか。


とにかく簡単である

意外とむずかしい三角おにぎり。うまく握れないという声もチラホラ聞きますが、四角なら面倒な成形がないので誰でも簡単にできあがり。時短になるので、忙しい朝にももってこいです!

最初は衝撃を受ける四角いおにぎりですが、一度作るとその魅力から作り続ける人が多いんだそう。具だくさんでボリュームたっぷりに作れるので、たくさん食べたいパパからも好評なようです。

明日からのおにぎりは、四角形で決まりですね! 最初は周囲がびっくりするでしょうが、定番になる日は案外近いかもしれませんよ♪