スペインリーグ(第3節)

29日
C.B.ビラデカンス0-7プエルトクルーズ・マーリンズ
C.B.ビラデカンス4-11プエルトクルーズ・マーリンズ
エル・イラーノ2-14バレンシア・アストロズ(7回コールド)
ベースボール・ナヴァーラ3-4C.B.サンボイ
ベースボール・ナヴァーラ3-6C.B.サンボイ
サンイナジオ・ビルバオ6-12ベースボール・バルセロナ(延長10回)

30日
エル・イラーノ0-13バレンシア・アストロズ(7回コールド)
サンイナジオ・ビルバオ6-0ベースボール・バルセロナ

※C.D.パンプローナはオフのため試合なし

 スペインリーグ第3節は、4カード中3カードがスイープという結果になりました。マーリンズは対ビラデカンス1回戦で、今季絶好調のエース、レスリー・ナカーが8回を被安打3、11奪三振、無失点という好投で無傷の3勝目をマーク。2回戦ではレスター・ガルヴァンの5打数3安打4打点の活躍などで、ビラデカンス投手陣を打ち崩して大勝しています。アストロズはエル・イラーノを2試合続けてコールドで圧倒。1回戦でのブレイク・オチョアの3打数3安打4打点の活躍などで2試合合計27得点を挙げる一方、投手陣は2回戦でローウィン・サクラメントが7回を投げ切って被安打2、14奪三振で完封勝利。ほぼ完ぺきに相手打線を抑え込みました。

 サンボイは2試合続けて終盤にナヴァーラに追い上げを許しながらも、何とか振り切って2連勝。1回戦では8回二死二塁からフランクリン・タバレスが決勝点となる適時二塁打、2回戦では4-3で迎えた最終回にマルコス・ダヴァリーロがダメ押し2ランをそれぞれ放ち、ナヴァーラ投手陣に引導を渡しています。ビルバオ―バルセロナ戦は1回戦が延長にもつれ込む大熱戦に。3回終了時点で6-1とリードしながら、先発ルイス・スアレスが優位を守れなかったバルサでしたが、延長10回に本盗2つを決めるなどわずか2安打で6点を奪い勝利。5回途中から登板した2番手池永大輔が、初白星をマークしています。

ソース一覧
http://www.mister-baseball.com/results-spanish-division-de-honor-baseball-march-2930-2014/
http://www.rfebs.es/estadisticas/2014/liga/B_res.php


フランスリーグ(第1節)

30日
パリ大学クラブ1-4ボーケール・キャバリアーズ
パリ大学クラブ7-1ボーケール・キャバリアーズ
トゥールーズ・タイガース3-6セナート・テンプライアーズ
トゥールーズ・タイガース7-6セナート・テンプライアーズ
モンペリエ・バラクーダーズ6-5サヴィニー・ライオンズ
モンペリエ・バラクーダーズ7-0サヴィニー・ライオンズ
シャトーレ・フレンチカブス2-9ルーアン・ハスキーズ
シャトーレ・フレンチカブス0-19ルーアン・ハスキーズ

 スペインリーグに続き、いよいよ隣国のフランスリーグも開幕。開幕節では、昨季王者のハスキーズとバラクーダーズがそれぞれスイープを達成しました。ハスキーズは2部から昇格のフレンチカブス相手に実力の差を見せつけ、2試合続けて大勝。特に、2回戦は今節唯一となる2ケタ得点で圧倒しました。バラクーダーズは開幕戦こそライオンズに苦しめられたものの、2回戦では見事完封勝利を収めています。その他2試合は1試合ずつを取り合う展開に。テンプライアーズは2試合続けて6点を奪いながら、2回戦で投手陣がタイガース打線に打たれ連勝はなりませんでした。パリ大学クラブ-キャバリアーズ戦も1勝1敗の結果となっています。ソース:http://www.mister-baseball.com/results-french-division-march-30-2014/