「どうしてインテルが勝てなくなったのかは分からない。だが言えるのは、私は彼らが負け続けることを願っているということだ」

フィアットのジョン・エルカン社長がこのように皮肉を述べ、ユヴェントスとインテルの間に再び騒動を起こしている。基金の学校での特別授業の中で、どうしてインテルが勝てなくなったのかと尋ねた子供に対し、エルカン氏は冒頭のように答えたのである。

一方で、アントニオ・コンテ監督のユヴェントスでの続投に関する質問には、「私はこの数年にとても満足している。今シーズンをうまく終えられることを願おう」とだけ答えている。

また、エルカン氏はフィアットについて語る際に、サッカーをたとえに出して次のように語った。

「我々はユヴェントスではなく、フィアット・クライスラー・オートモバイルで、順位は中位だ。自動車業界で我々は7位だね。我々はチャンピオンズリーグレベルの希望を持っている。5月6日に発表するプランには、野心的な目標があるよ」