『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第32回

デビューから2連勝で一躍クラシックの最有力候補となったディープブリランテ。2戦目のあと、少しの休養を挟んだ同馬は、復帰戦に「クラシック登竜門」と言われる共同通信杯を選んだ。パカパカファームの面々も大きな期待を寄せた3戦目。はたしてディープブリランテはどんなレースを見せたのか――。

 デビュー戦(2011年10月1日/阪神・芝1800m)を5馬身差、続くGIIIの東京スポーツ杯2歳S(11月19日/東京・芝1800m)を3馬身差と、そのスケールの大きさを存分に見せて2連勝を飾ったディープブリランテ。同馬はその後、年末に行なわれるGIIIのラジオNIKKEI杯2歳S(12月24日/阪神・芝2000m)への出走が検討された。しかし陣営は、疲れなどを考慮して同レースを回避。しばしの休養を取ることとなった。

 ディープブリランテが再び戦列に復帰したのは、翌年の2月。GIIIの共同通信杯(2012年2月12日/東京・芝1800m)だった。かつて、ナリタブライアンやジャングルポケットなどのクラシックホースが勝ってきた伝統のレースである。

 過去2走で見せた高いポテンシャル。さらに、舞台も前走と同じ東京競馬場の芝1800mとなれば、ディープブリランテの勝利を疑う余地はなかった。直前の単勝オッズは1.4倍。のちに皐月賞と菊花賞の二冠を制す同世代のライバル、ゴールドシップを押し退けて、断然の1番人気となった。

 共同通信杯が行なわれる2月は、サラブレッドにとって出産シーズン。ディープブリランテの"故郷"であるパカパカファームでも、スタッフは日々、繁殖牝馬の出産に備えていた。同牧場のフォーリングマネージャー(生産担当)である伊藤貴弘氏は、この時期、深夜の出産に備えて夜間勤務に従事していた。

「毎年1月末から5月末くらいまでの出産シーズンは、夜間勤務になるので、基本的に日中は寝ています。でも、ディープブリランテが(レースに)出るときは起きて、リアルタイムで見ていました。レース前にタイマーが鳴るようセットしておいて、テレビで観戦していましたね」

 一方、パカパカファームの代表であるハリー・スウィーニィ氏は、共同通信杯が開催されるこの日、東京競馬場へと足を運んでいた。重賞レースとなれば、レース後の表彰式には生産者も出席するのが通例。東京スポーツ杯2歳Sの際には諸事情で行けなかったこともあり、「やっと競馬場でディープブリランテを見られるということで、レースがとても楽しみでした」と、当時を振り返る。

 パカパカファームのスタッフたちが、大きな期待を胸に見守ったディープブリランテの3戦目。しかし、レースは予想外の展開で幕を開けた。これまでは逃げ馬の後ろでレースを進めていたディープブリランテが、スタートから押し出されるように先頭へ立ったのだ。3戦目で初めて"逃げ"の形となったのである。

 それでも、ディープブリランテが作った前半の流れはスローペース。今までに見せた能力をもってすれば、押し切れるとも考えられた。だが、同馬は残り100m地点でゴールドシップにとらえられて2着。生まれて初めての敗戦となってしまった。

「スタート直後、先頭に立ったときは驚きましたが、でも他に逃げる馬がいなかったので『仕方がないかな』という感じでした。負けたけど『こういうこともある』と思い、そこまでショックは受けませんでしたよ。ただ、先頭に立ったあとも、ずっとリラックスできていなかったことは少し気になりました」(スウィーニィ氏)

 この敗戦を受けても、「決してダービーへの望みは捨てなかった」というスウィーニィ氏。対して伊藤氏は、レース後に大きな驚きを感じたという。

「押し出されて逃げたのは仕方ないと思ったのですが、そのあと先頭に立ってもずっと引っ掛かっていたのには、正直ビックリしました。とにかく牧場時代はおとなしい馬で、同世代の中でも特におっとりしていましたから。『あの馬が引っ掛かるなんて......』という気持ちでしたね」

 共同通信杯で露呈した、ディープブリランテの引っ掛かる気性。その課題は、次走のGIIスプリングS(2012年3月18日/中山・芝1800m)でも解消されることはなかった。

 スプリングSでは、逃げずに4番手を進んだディープブリランテ。しかし、スタートしてからしばらくは盛んに頭を上げ、"前に行きたがる"素振りを見せた。鞍上の岩田康誠騎手が、立ち上がり気味になって抑えるほどの状態となったのである。その後、何とか我慢させながら、直線入り口で先頭に立って押し切りを狙ったが、スムーズに運んだグランデッツァにゴール手前でかわされて2着。連勝から一転して、連敗を喫してしまった。

 この日も競馬場にいたスウィーニィ氏は、共同通信杯のときとは比べものにならないほど落ち込んだという。

「スプリングSの敗戦はとてもショックでした。この連敗にはかなり落胆したのを思い出します。2連勝のときから一転して、ダービーへの希望は私の中で消えかけていきました。ですから、この時期は、ひたすらヤケ酒を浴びていましたね(笑)」

 パカパカファームのスタッフたちも、この連敗には大きく落ち込んだ。スタッフ同士でも、ディープブリランテの話題に触れるのはつらかったという。もちろん伊藤氏も同様だった。

「自分が牧場に勤めて10年以上経ちますが、今まで見てきた中でディープブリランテは別格の馬です。でも、そのディープブリランテでさえ、クラシックを前に連敗してしまいました。だからこそ、『やっぱりクラシックって遠いんだな』と身に染みて感じましたね。あのディープブリランテでも厳しいというところに、ショックを受けたんです」

 4戦2勝、2着2回という安定した成績。しかもデビュー戦以降は、クラシックに関わりの深い重賞3レースに挑んで、どれも勝ち負けを演じている。本来ならば、その成績は十分に誇れるもので、堂々とクラシックにも臨めるはずだ。しかし、ディープブリランテは1800mのレースで引っかかってしまった。その姿は、今後を考えるうえで、どうしても大きなマイナス材料に見えてしまったのだ。

 それを表すように、前4戦はすべて1番人気でレースを迎えたディープブリランテだが、5戦目となったクラシック第1弾のGI皐月賞(2012年4月15日/中山・芝2000m)では、3番人気だった。その中で、パカパカファームの人たちはどうレースを見ていたのか。

 次回は、期待と不安の入り混じる中で迎えた皐月賞でのディープブリランテに迫る。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara