『パカパカファーム』成功の舞台裏
連載●第31回

2011年10月のデビュー戦を完勝し、競走馬として最高のスタートを切ったディープブリランテ。さらに圧巻だったのは、2戦目で挑んだ重賞レースだった。「ダービー候補」という評価まで得たこのレースを、生産牧場であるパカパカファームの人々はどう見ていたのだろうか。当時を振り返る――。

 デビュー前から注目を集めていたディープブリランテは、そんな周囲の期待に応えて、新馬戦(2011年10月1日/阪神・芝1800m)を快勝。2着に5馬身の差をつける圧勝劇を演じた。そして注目の2戦目は、それからおよそ1カ月半後のGIII東京スポーツ2歳S(11月19日/東京・芝1800m)に決まった。

 東京スポーツ杯2歳Sは毎年、翌春のクラシックを意識した有力馬や評判馬が集結。関係者の間でも注目度が高い2歳馬の重賞だ。実際にこの年も、GIIIの新潟2歳Sで2着したジャスタウェイ(のちに2013年天皇賞・秋を制覇)をはじめ、GIIのデイリー杯2歳Sを制したクラレント(2014年3月までに重賞4勝)など素質馬が顔をそろえて、早くも「クラシック前哨戦」のような雰囲気が漂っていた。

 そうした状況にありながら、すでに重賞で好走している馬を差し置いて、ディープブリランテが1番人気に支持された。レース直前の単勝オッズは、2.4倍。新馬戦に引き続き手綱をとることになった岩田康誠騎手が、デビュー戦の勝利後に「素直で反応も良く、期待どおりの走り。今のところ注文はない」とコメントしたことも、人気を後押しした。

 ディープブリランテを生産したパカパカファームのスタッフも、もちろん大きな期待を抱いてレースのスタートを待っていた。ここを勝てば、間違いなくクラシックが見えてくる。フォーリングマネージャー(生産担当)の伊藤貴弘氏も、レース数日前から「力が入っていた」という。しかしその反面で不安もあった。

「新馬戦を勝って、いきなり重賞レース。それも素質馬が集まる一戦ですから、『そんなに甘くはないかな』という考えがありました。まだ2戦目ですし、勝つのはそう簡単ではないと......」

 キャリアの浅さは、時として大きなハンデになる。しかも、レース当日の東京競馬場は大雨。芝コースは水分をたっぷりと含んだ不良馬場だった。まだ2回目のレースであるディープブリランテにとっては、あまりに過酷な条件となった。

「レース前日までは、それでも期待が上回っていたのですが、当日の雨を見てかなり弱気になりました。ディープインパクトの仔は、乾いた馬場のほうが得意な印象がありましたから。それに、まだレース慣れしていない中でこの条件は、さすがに『厳しいかな』と感じました」(伊藤氏)

 しかし、ディープブリランテはそんな不安をあっさりとはね退けてしまった。それどころか、想像を上回るポテンシャルを見せつけた。

 大雨の中、ゲートが開くと、ディープブリランテはデビュー戦とは見違えるような好スタートを切った。そのまま2番手につけた同馬は、わずかに力みながらも、終始2番手をキープして、極めてスムーズなレース運びを見せた。

 驚異的だったのは、直線に入ってからだ。最終コーナー出口付近で早くも先頭に並びかけると、ほとんど仕掛けることなく後続を突き離した。ジャスタウェイやクラレントなど有力馬が泥んこ馬場にもがく中、ディープブリランテは悠々と直線の坂を駆け上がっていったのだ。

 岩田騎手が鞭(ムチ)を入れたのは、2、3度だけ。懸念していた不良馬場を問題にせず、ほとんど馬なりの競馬で2着に3馬身の差をつけてしまった。この時点で、ディープブリランテは紛れもない「ダービーの最有力候補」となったのだった。

 レースをテレビで観戦していた伊藤氏は、ゴールの瞬間、喜びとはまた違う感情が湧いてきたという。

「ディープブリランテが勝った瞬間は、不思議な感じでした。一気に遠い存在になってしまったというか......、自分が手がけた馬とは思えませんでした。とにかく『すごいことになった』と感じたのを覚えています。あとは、『これでまた社長が調子に乗るな』とも思いましたね(笑)」(伊藤氏)

 その「社長」こと、パカパカファーム代表のハリー・スウィーニィ氏はこのとき、実は「レースを見ていなかった」という。本来スウィーニィ氏は、生産馬が重賞に、それも有力候補であれば、レースの際は間違いなく競馬場に足を運んでいた。しかしこの日は、競馬場に行かなかっただけでなく、テレビさえも見ていなかったという。

「実はこの日、東京から駐日アイルランド大使館の方が来ており、私は朝から北海道を案内していたんです。レースが終わったのは、ちょうど大使館の方を車に乗せて空港へ送る途中。私が運転していると、ものすごい勢いで携帯電話が鳴り続けるので、『これはきっと牧場でトラブルが起きた』のだと思いましたね。大使館の方には申し訳なかったのですが、慌てて車を止めて、スタッフに電話したのを覚えています」

 もちろんこの電話は、トラブルの報告ではなかった。ディープブリランテの勝利を伝えようと、スタッフが電話したものだった。

「『ハリーさん、これは強いよ』『すごい馬だよ』と何度もスタッフが受話器越しに言ってきました。さすがに私も、今回はディープブリランテが勝てるかどうかわからなかったので、大声で喜びましたよ。その姿を後ろで見ていた大使館の方は、とてもビックリしていましたね(笑)」(スウィーニィ氏)

 その後、大使館の方を空港に送り届けたスウィーニィ氏は、牧場に戻ってすぐにレースをチェックした。そしてディープブリランテの強さに驚き、今までにない喜びを感じたという。

「その日の夜は、いつもより少し高めのおいしいワインを飲みました。一本のつもりが、あまりのうれしさから、二本飲んでしまいましたね(笑)。それと、私は毎日、だいたい決まった時刻にアイルランドの妻に電話するのですが、その日はとにかくこの喜びを伝えたくて、急に電話をかけました。彼女は『こんな時間にどうしたの? 何かあったの?』と戸惑っていましたが、私は『もしかすると、うちの生産馬(ディープブリランテ)がダービーを勝てるかもしれない』と伝えました」

 ディープブリランテが生まれたときから、パカパカファームにおける同馬への期待は大きかった。しかしディープブリランテは、その期待をはるかに上回る"強さ"をレースで発揮して見せた。パカパカファームが開場して10年、スウィーニィ氏が初めてダービーのタイトルを意識した瞬間だった。

 東京スポーツ杯2歳Sの勝利で、一躍クラシック候補となったディープブリランテ。しかし同馬はこの後、苦難の時期を迎える。次回は3歳となったディープブリランテを追いかけていく。

(つづく)

ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働くと、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara