ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 古馬牝馬の重賞、中山牝馬S(中山・芝1800m)が3月16日に行なわれます。

 馬にもよるのですが、牝馬というと、牡馬に比べてうるさい馬が多く、入れ込みやすかったり、輸送に弱かったりする馬が結構います。加えて、繁殖シーズン(およそ2月〜6月)となるこの季節は、フケ(牝馬の発情)の期間でもあります。フケがくるとレースにも大きな影響を及ぼすため、人気の馬が敗れて、思わぬ結果になることがしばしばあります。そういう意味では、この時期の牝馬のレース予想というのは、かなりやっかいなものかもしれません。"フケの兆候"にしても、いつも馬のそばにいる人であれば、ある程度わかるのですが、ファンがそれを見極めるのは至難ですからね。

 それでも、同じ馬を何戦も見続けることで、何か変化を感じることは多々あります。「ここ数戦と違って、何かソワソワしているな」といった違和感を覚えたら、それは"フケの兆候"かもしれません。それで、実際にレースでも凡走したら「フケだった」と考えていいでしょうね。その感覚を覚えておけば、その後の馬券検討に大いに役立つと思います。それと、余談ですが、そういう馬は次走で、大敗から巻き返す可能性があります。そんなことをチェックしておくのも、競馬の面白さのひとつではないでしょうか。

 さて、繁殖シーズンに入る前とあって、例年この中山牝馬Sで引退する馬が数多くいます。昨年も、スマートシルエット、そしてエリンコートがレース後に引退を発表して繁殖入りしました。通常、牝馬の引退レースというと、あまり活躍するイメージはないのですが、この中山牝馬Sは意外と好走するケースが多く見られます。昨年のスマートシルエット(2着)をはじめ、一昨年のエオリアンハープ(3着)や、2009年のキストゥへヴン(1着)とダンスオールナイト(3着)、さらに僕がGIの舞台(2003年秋華賞5着)で騎乗させていただいたマイネサマンサ(2007年1着)も、中山牝馬Sで有終の美を飾りました。

 今年も、事前に「引退レース」と公表している馬が出走します。ノーブルジュエリー(牝6歳)です。

 ノーブルジュエリーは、前走の洛陽S(2月23日/京都・芝1600m)で初めてオープンレースを制しましたが、もともと能力のある馬で、デビュー当時は「桜花賞の有力候補」と言われていました。新馬戦(2010年12月8日/阪神・芝1400m)では、後続に9馬身の差をつける圧勝劇を演じて、2戦目のエルフィンS(2011年2月5日/京都・芝1600m)では、のちの桜花賞馬マルセリーナの2着と奮闘しましたからね。

 この時点で、すでに重賞級の能力を見せていましたが、3走目のアーリントンC(2011年2月26日/阪神・芝1600m)で敗戦後(7着)は、なかなか波に乗れませんでした。500万、1000万下のレースを制して軌道に乗ったかと思えば、準オープンでは惜敗続き。1000万下に降級しても、また同じようなレースが続いて、だいぶ出世が遅れてしまいましたね。

 しかし、6歳を迎えてからのここ2戦は、何かひと皮むけたイメージがあります。2走前の京都牝馬S(1月25日/京都・芝1600m)では過去最高の馬体重(514kg)でしたが、終(しま)いのひと伸びが増して、やっと本格化したような雰囲気を感じました。もし、今回がマイル(1600m)戦だったら、大本命だったでしょうね。

 というのは、今回が初めての1800m戦だからです。わずか200mの距離延長でも、そこは課題になります。それでも救いがあるのは、中山・芝1800mというコースはコーナーが4つあること。しかも、スタートしてから最初のコーナーまでの距離が短いため、比較的距離不安の誤魔化しが利くこと。ノーブルジュエリー自身、年齢を重ねてきたことで、折り合いもつきやすくなっていると思いますし、今の出来なら決してノーチャンスということはありません。

 ノーブルジュエリー同様、4連勝中で人気になりそうなエクセラントカーヴ(牝5歳)も、心配なのは距離です。こちらはまだ明け5歳馬で、キャリアも12戦と少ないのは気がかりです。それだけに、初の1800mという距離への不安は一層膨らみますが、前述したとおり、騎乗次第で距離の誤魔化しが利くコースです。鞍上がこの馬をうまく操れている戸崎圭太騎手ならば、それほど心配する必要はないかもしれません。

 昨秋の京成杯AH(2013年9月8日/中山・芝1600m)で、重賞2勝馬にしてGIマイルCS(2013年11月17日/京都・芝1600m)3着のダノンシャークを破った実績は、今回のメンバーの中では随一。エクセラントカーヴが有力馬の一頭であることは間違いありません。

 実績的には、一昨年の秋華賞(2012年10月14日/京都・芝2000m)、昨秋のエリザベス女王杯(2013年11月10日/京都・芝2200m)と、GIで2度3着と好走しているアロマティコ(牝5歳)も上位の存在ですね。器用なタイプではなさそうですが、このコースに対応できれば、勝つ可能性はあると思います。

 ところで、今回の「ヒモ穴馬」ですが、昨夏のクイーンS(5着。2013年7月28日/函館・芝1800m)でも「ヒモ穴馬」に推したキャトルフィーユ(牝5歳)を、改めて取り上げたいと思います。

 もともと、3歳春には忘れな草賞(2012年4月7日/阪神・芝2000m)を勝って、オークス(14着。5月20日/東京・芝2400m)に挑戦。その秋には、ローズS(9月16日/阪神・芝1800m)4着、秋華賞8着と、成長途上の段階にありながら、重賞で健闘してきた素材です。成長次第では、いずれは重賞を狙える馬だと思っていました。

 そうして、前走の愛知杯(2013年12月14日/中京・芝2000m)では、格上挑戦ながら2着と好走。ようやく、成熟度を増して"本物"になってきたように思います。

 今回のハンデは、52kg。前出の3頭(ハンデ55kg以上)と比べて実績がない分、かなり恵まれた印象です。好位から抜け出す脚質的に、今回初騎乗となる後藤浩輝騎手との手も合いそうですし、どんな競馬を見せてくれるのか、楽しみです。